文化の「発見」―驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで (現代人類学の射程)

  • 27人登録
  • 4.43評価
    • (5)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉田憲司
  • 岩波書店 (1999年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000263726

文化の「発見」―驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで (現代人類学の射程)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あぁ、これを読んでよかったと心底思う。なぜ私の興味が、美術から、民俗学、人類学へシフトしてきたのかが、これを読んで明らかになった。そして、今ミュージアム業界に必要なのは「教育」であること、これは私が進学するということの肯定にもなる。よかったぁ。もっと読み込んでいきたい一冊。ほんとうに丁寧に書かれている本だと思った。

  • 西洋の近代を特色付ける「一系的進化主義」とでもいうのかな、自分たちが最後にでてきた最も賢いものだ、つぅような思い込みが、博物館と美術館における「民族資料」の扱いを巡る中で、見事にあきらかにされてくる。夢中になって読んで、一晩で読んでしまった。が、こいつは買わなきゃと思う。あれこれに発展するタネがたくさん含まれている本だと思う。
    【経路】Johnさんに勧められて学校で貸出

全2件中 1 - 2件を表示

文化の「発見」―驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで (現代人類学の射程)のその他の作品

吉田憲司の作品

文化の「発見」―驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで (現代人類学の射程)はこんな本です

ツイートする