権力 (思考のフロンティア)

著者 : 杉田敦
  • 岩波書店 (2000年6月21日発売)
3.23
  • (0)
  • (7)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
  • 91人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000264303

権力 (思考のフロンティア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■体裁=B6判・並製・カバー・116頁
    ■品切
    ■2000年6月21日
    ■ISBN 4-00-026430-3 C0310
     関係論的権力観から,空間論的権力観へ-この転換は,権力をめぐるパラダイムにどのような意味をもつのか.果たして「最終的な解決」をもたらす権力空間は,存在するのか.我々の権力観が孕む陥穽を明らかにし,多様な権力空間に立ち現れる権力現象の考察から,普遍性を断念した後の,自由と抵抗,解放の可能性を探る.
    https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/3/0264300.html


    【目次】
    はしがき [iii-iv]
    目次 [v]

    I 権力はどう語られてきたか 001
    三つの権力観/主権と主体/意図とは何か/責任について

    II 権力をどう変えるのか 023
    第1章 権力は上からくるのか下からくるのか 023
    権力中心の多元性/下からくる権力/生‐権力/権力とシステム
    第2章 権力と暴力 045
    権力の資源/暴力と権力空間
    第3章 つくる権力とつくられた権力 060
    契約説/共和主義/法と暴力/さまざまな動機
    第4章 権力と自由 080
    二つの自由観と二つの権力観/抵抗と解放/普遍性と解放

    III 基本文献案内 103

    あとがき(2000年5月 杉田敦) [109-110]

  • とても面白くて勉強になったのだけども。フーコー的権力観で実際にどのように政治的抵抗がありうるのか、普遍性をどう考えればいいのか、接合は可能なのか。とか、やっぱり行き詰まってるんじゃないかなあという予感も感じさせられてしまった本でした。杉田せんせのラクラウ批判と合わせて、ラクラウ検討したい。

  • 友人から借りて読みました。「思考のフロンティア」シリーズのレビューは3冊目です。

    本書は、政治の中心的概念の1つである「権力」について、その多義性を真正面から受け止めつつ、わかりやすく論じた一冊となっています。

    第Ⅰ部では、一般的な権力イメージとしての「AがBに対して、さもなければBがしないような何かをさせるかぎりにおいて、AはBに権力を有する」といった「主体間権力」を多角的に批判することで、これまでの権力論が概観されます。
    まずは、そこで想定される「主体」の非自明性についてが、S・ルークスの権力観を参照することで指摘され、M・フーコーの「主体化する権力」によって明らかにされます。そして一方では、「意図」や「責任」といった想定が、権力論を捉えきれない曖昧さを有している側面も考察されていきます。

    第Ⅱ部では、権力概念の多義性が論じられます。
    まず第1章で、これまでの神学的な理解に基づく「主権」概念と対比させながら、フーコーの脱中心的な権力論の概略が素描されます。
    次に第2章では、権力と暴力の不可分性が指摘されながら、暴力的かつ「非対称な権力関係」のメタレベルに位置する「対称的な権力空間」の存在が明らかにされます。
    続いて第3章では、このような権力空間の生成を説明する契約論、共和主義、V・ベンヤミンの議論が参照され、最終的には権力空間を支える個人の動機とイデオロギーの関係性が考察されます。
    最後に第4章では、権力と自由の関係について、これまで論じてきた権力論とI・バーリンの自由論が同型であることが指摘され、「対照的な権力空間」を保持しながら「非対称的な権力関係」を問い直すことのできる「自由」が、個別的な権力関係の見直しとしてのフーコーの「抵抗」に求められていきます。

    以上が本書の内容ですが、概念の多義性を論じながらも各章の連続性が保たれているため、入門書としては完成度の高い一冊であったように思います。難解な理論もわかりやすく説明されており、文体もかなり読みやすいです。

    本書のように「権力」概念を多角的に理解することは、日常生活において自分を取り囲むさまざまな外的制約を捉え直すきっかけとなり、自分にとっての「自由」な領域を考え直すことにも繋がるので、政治に興味の無い方にも強くおすすめできる一冊です。

  • 二者間関係における権力と、権力空間における権力を主に論じる。
    フーコー、アレントが中心。
    フーコーやアレントの基礎知識がないと置いていかれるので注意。
    権力をどのように捉えるかのヒントになる。

  • 『イメージとテキスト』「イメージからテキストへ―横山大観の富士をめぐる言説」リンク

全5件中 1 - 5件を表示

杉田敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
マックス ウェー...
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

権力 (思考のフロンティア)に関連するまとめ

権力 (思考のフロンティア)を本棚に登録しているひと

ツイートする