さいはての島へ ゲド戦記III (物語コレクション)

制作 : Ursula K. Le Guin  清水 真砂子 
  • 岩波書店 (1999年12月6日発売)
3.46
  • (6)
  • (8)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
  • 64人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000264655

さいはての島へ ゲド戦記III (物語コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 未読

  • ソフトカバー版

  • ゲドがナイスミドルになっていた。そこまでの経過がぜひ読みたい。

  • 壮年期のゲドの物語。生とは、死とは、不死への扉を開いた代償は?って、結構難しくて、深〜いテーマが根底にあるみたい。竜が出てきたり、魔法の力が失われていく世界を救うために戦ったりという展開が、シチュエーションは違うけど、「ネバーエンディングストーリー」が頭をよぎったのは気のせいかな。

  •  一応、この巻が宮崎映画の原作とされているものらしいです。でも、テルーもテナーもでてこない。アレンはでてきますが。映画よりもっと、ちゃんと王族の血縁者らしい感じで、品があるイメージです。でも、映画でもテーマになって生物「竜」はちゃんと、登場します。ゲド戦記に「竜」は必須です。まぁもともとの設定が、人と流派同じ生き物だった。ですからでしょうか。物語の舞台は、基本海です。はてみ丸とかね。映画とは、イメージかけ離れます

  • 勢いで読んだ3巻。クライマックスなのに盛り上がりに欠けるんだよなぁ…

  • 魔法の館の長としてアースシーを治める大賢人ゲドのもとに,一人の青年が報せをもってきた.彼の国では魔法の力が衰え,人々は無気力になり,まるで国中が死の訪れをじっと待っているようだと.これは一体何者の仕業か? ゲドは青年を連れ見えない敵を求めて旅に出たが,なかなか正体はわからない.ゲドは覚悟を決める…
    <br>
    【感想】
    http://blog.livedoor.jp/nahomaru/archives/50610414.html

  • この辺りになってくると馴染んでくるものね。

  •  アースシーの危機! 魔法の泉が涸れようとしているという、各地からの報告が寄せられた。今や大賢人となったゲドは、若き王子と共にさいはての地におもむき、持てる力のすべてを動員して世界を救う。

     1、2巻に較べると、少し練りが足りないような印象はあるけど、やっぱりいいな。疲れ果てたゲドに「お疲れ様」と言いたい、涙の<三部作>最終巻。すべての力を出し切ったゲドに、ようやく帰るべき時がやってきたのです。。。
     ゲド戦記の竜は、他のファンタジー作品に出てくるのとは違った味があっていいですね。オーム・エンバーはいい子だなぁ。

     ほんとうに好きで読んでいたのは、この3巻まで。年月を経て書かれた4巻『帰還』からの分は、別シリーズと思っておくことにします。奥が深くなったル=グウィンの小説、より成熟したアースシーの世界観も興味深いんですが、私はやっぱり、少年少女の成長にスポットをあてて書かれた<三部作>のファンなんです。

全9件中 1 - 9件を表示

アーシュラ・K.ル・グウィンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
アーシュラ・K・...
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

さいはての島へ ゲド戦記III (物語コレクション)はこんな本です

ツイートする