アースシーの風 ゲド戦記5 (物語コレクション)

  • 岩波書店
3.29
  • (2)
  • (4)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000264679

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第五巻、ついに手にしてしまった……!


     人の気持ちは変わるもの。ついに手にしてしまったのです、五巻『アースシーの風』を★

     本当は、続きが出ても読まないつもりでした。著者自ら<三部作>を過去のものとし、物語を喪失の痛みで満たしてしまったからです。
     長い時間を経て発表された四巻『帰還』では、光から闇へ、秩序から混沌へ、男性優位から女性参加型へと、アースシーの変遷が描かれていました。しかし文体まで変化していて、私には「なまぐさい」と感じられてしまったのです。動揺は大きかった……★

     しかし、新たな物語を読んだことに、後悔はなし☆ 『帰還』の異様な閉塞感はなく、風通しのよい本でした。
     ハンノキの旅に連れられていった先には、なつかしいひとたちが待っていました。ゲドが、テナーが、成長したレバンネンがいて、王のまばゆさには思わず目を伏せた。なつかしのアーキペラゴに戻ってこられたのです。
     なつかしいなつかしいと書いているだけで800字が過ぎそうですが、もう少し★

     ル=グウィンは、哲学ファンタジー作家です。特に支配と所有の問題にきわめて敏感です。本書では「所有と自由は相反するものなのか?」という問いを打ち立て、自ら「もともとの出所は同じだったのだ!」と答えを出し、共存共生について描いています。
     おおらかな世界観が提示された作品です。種族も肌色も性別も、大きなことも小さなことも、対立しなくていい。生と死さえも相反するものではない。違うままで手をとりあうことができる……! そう思うと、優れた手の技を持つハンノキが物語の幕を開けたのも、納得が行くのです。

     古きものと新しきものが衝突せずにすむ可能性をも示しているのでしょう。古くなった=否定するのではない。新しいゲド戦記は、古いゲド戦記を全否定するわけではなかった……。そう考えたとき、いい風が吹いたのでした。
     今では私もこう言えます。「この巻が書かれてよかった!」

  • 未読

  • シリーズ最後にふさわしく、これまでの物語を踏まえた総仕上げ編。人間と竜の間で取り交わされた契約と人間が犯した契約反故の影響など。第4巻までの物語でなんとなくもやもやしていたことが、この巻で明らかになる。本書を読み終えると、ゲド戦記の時空を超えた壮大さがひしひしと伝わってくる。

  • ソフトカバー版

  • 主人公は'ハンノキ'です。竜・死者・ゲドやテナー、テハヌー、レバンネンなど、おなじみのキャラクターももちろんでてきます。レバンネンも主人公格でしょうか。いわゆる適齢期を迎えています。エンディングが、結構好きです。

全5件中 1 - 5件を表示

アーシュラ・K・ル=グウィンの作品

ツイートする
×