ゲド戦記外伝 (物語コレクション)

制作 : Ursula K. Le Guin  清水 真砂子 
  • 岩波書店
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (499ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000264686

作品紹介・あらすじ

アースシー世界をあざやかに映す5つの物語-カワウソ/ダークローズとダイヤモンド/地の骨/湿原で/トンボ。巻末に、ル=グウィン自身による詳しい解説。ゲド戦記、別巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <三部作>時代から考えると随分遠くに来てしまった観のある『ゲド戦記』を再び手にとろうとするとき、かつてのアースシーに思い入れがある読者ほど、ためらいを覚えるのではないでしょうか。でも、もし5巻『アースシーの風』まで読んだなら、そのまま『外伝』に進んだほうがすっきりするはずです。
    『アースシーの風』はもはやゲドの戦記とは呼べず、ゲド自身は力をなくした老人でした。作品は次世代にゆだねられましたが、その彼らにさえあっさり別れを告げる結末。風があまりに爽やかに吹き抜けすぎたか、読後、何か物足りないような一抹の寂しさを感じていた心の餓えを、『外伝』は癒してくれます。(そういう意味では「トンボ」は必読)

     時間をかけてル=グウィンの中で発酵したアースシー世界の断片が収められた作品集。だから、断片情報を読む面白さが味わえます。DNA鑑定の話ではありませんが、断片につまっている情報は全体像をも浮き上がらせるのです。

     今や湿気を除かれ、商業化されてしまった安全なファンタジーシリーズとは、一線を画した世界観。魔法使いは呪文一つで何でも解決する便利屋でもなければ、人を驚かせて楽しむ手品師とも違うのです。言葉の重さを充分に感じ、知に裏づけられた力を蓄える。はではでしいところはどこにもありません。

     わりとはでなアクションがあるものといえば、大地の震動を止めるため自ら支えとなる『地の骨』あたりですが、それすら土や泥や家畜の匂い、生活感にあふれた作品です。横暴な者が安易にこじ開けた世界の傷口を繕う技とは、魔法を使うとは言え、地味で丹念な手作業や力仕事なのだというところに、アースシーを読み解く鍵があるのでしょう。
     読み終えたとき、自分が手軽で便利な世界に逃げて生活の基盤を疎かにしているような気がして、考え事にふけってしまいます……。

     アースシーの種族や言語、歴史等をまとめた巻末解説も嬉しい。

  • とても楽しんで読めました。
    ダークローズとダイヤモンドは本編にどう関わっているのかちょっとわかりませんでしたが、それ以外はサイドストーリーのような感じでした。

    「トンボ」はアースシーの風でそれからのことが語られますが、女性が竜になること、アイリアンの最後の言葉の意味を深く考えさせられました。

  • 未読

  • ゲドが生きた時代のはるか昔の物語や、ゲドが活躍した時代と重なる別の人達の物語が、ゲドの存在をチョットだけ閃かせながら5つの短編として収められている。「影との戦い」に始まる4作とは少し赴きが異なり、主人公達のほのかな恋愛感情が盛り込まれていて、魔法使いや魔女がより人間味を帯びた存在として描かれている。これで最後かと思ったら、更に「アースシーの風(ゲド戦記?)」があるんだねぇ。

  • ソフトカバー版

  • 短編集のような形態で、一つ一つは、雑誌などで掲載していたのもを集約したみたいです。詳しいことは、作者さんの前書きや、翻訳家さんのあとがきにあります。ので、そちらを参照してください。(放棄)
     
     一つ一つが、時代前後したり、ちょっとややっこしかったですが(汗。
     内容は
     「カワウソ」→ローク学院の創世記の話です。
     「ダークローズとダイヤモンド」→前巻のアースシーのテーマのように、純愛物です。
     「地の骨」→オジオンの若かりし頃と、その師匠の話です。いままでもちらっとこの話はでてきたよう       な・・・
     「湿原で」→この巻の中で、一番地味〜な話ですが、アースシーの理の感じが一番出ているのではない       でしょういか??ゲドの勲の一つでしょうか??
     「トンボ」→これが、アースシーで初めて出てくるキャラクターのバックグラウンド。なので、アース       シーへの架け橋になる話です。でも、別に、そんなこたぁ無いって感じですけど・・

     そして最後に、作者さんによる、アースシー解説があります。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

アーシュラ・クローバー・ル=グウィン(Ursula K. Le Guin)
1929年10月21日-2018年1月22日
ル・グィン、ル=グインとも表記される。1929年、アメリカのカリフォルニア州バークレー生まれ。1958年頃から著作活動を始め、1962年短編「四月は巴里」で作家としてデビュー。1969年の長編『闇の左手』でヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。1974年『所有せざる人々』でもヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。通算で、ヒューゴー賞は5度、ネビュラ賞は6度受賞している。またローカス賞も19回受賞。ほか、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ニューベリー・オナー・ブック賞、全米図書賞児童文学部門、Lewis Carroll Shelf Awardフェニックス賞・オナー賞、世界幻想文学大賞なども受賞。
代表作『ゲド戦記』シリーズは、スタジオジブリによって日本で映画化された。
(2018年5月10日最終更新)

ゲド戦記外伝 (物語コレクション)のその他の作品

ゲド戦記外伝 単行本 ゲド戦記外伝 アーシュラ・K.ル=グウィン

アーシュラ・K.ル=グウィンの作品

ツイートする