広告の誕生―近代メディア文化の歴史社会学 (現代社会学選書)

著者 : 北田暁大
  • 岩波書店 (2000年3月6日発売)
3.44
  • (3)
  • (6)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 36人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000265119

作品紹介

広告とは何か-日本近代の文脈でその社会的意味を探り、ねじれた政治性を浮き彫りに。広告の探究を通して、近代を生きる主体、近代という時代のありようを的確に捉える。刺激的な問題関心と新しい社会認識の視角。

広告の誕生―近代メディア文化の歴史社会学 (現代社会学選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこまでも自らの舞台を拡大させようと、ほの野蛮な想像力を働かせてきた「広告」。広告の抱えるパラドクスをたよりに、消費社会の写し鏡である広告を説いた本。ただ、徒らに難しく感じたのは、気のせいだろうか。。。

  • [ 内容 ]
    広告とは何か―日本近代の文脈でその社会的意味を探り、ねじれた政治性を浮き彫りに。
    広告の探究を通して、近代を生きる主体、近代という時代のありようを的確に捉える。
    刺激的な問題関心と新しい社会認識の視角。

    [ 目次 ]
    序章 問題と方法
    第1章 孤立する広告(見世物のなかの/としての「広告」;広告の誕生;『近代』の軋み)
    第2章 散逸する広告(広告の美学化;広告の工学化―工学の所産としてのポスター;散逸する広告空間)
    第3章 融解する広告(流動する『舞台』;「欲望」する女性と広告;融解する広告空間)
    終章 遊歩の弁証法

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2種類の広告、地から飛び出そうとするもの、地と馴染もうとするもの。

全3件中 1 - 3件を表示

広告の誕生―近代メディア文化の歴史社会学 (現代社会学選書)のその他の作品

北田暁大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デュルケーム
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

広告の誕生―近代メディア文化の歴史社会学 (現代社会学選書)はこんな本です

ツイートする