拒食と過食の社会学―交差する現代社会の規範 (現代社会学選書)

著者 : 加藤まどか
  • 岩波書店 (2004年3月26日発売)
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 11人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000265164

作品紹介

現代社会の若い女性たちに多くみられる拒食症や過食症。経験者の言葉を読みといていくと、女性たちが主体性・女性性・身体性について矛盾する規範が同時に作用する場のなかで、どちらの規範にしたがっても他方からは非難されるという引き裂かれた状態のなかにとらえられていることが浮かび上がってくる。これは今日の社会を生きる女性たちが共通に直面している状況でもある。これらの矛盾する規範の作用が、近代・現代社会の平面を成立させている根底的な社会構造とそのダイナミズムから導かれていることを考察する。

拒食と過食の社会学―交差する現代社会の規範 (現代社会学選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 過食・拒食のメカニズム.思春期の女性は大人になる事を拒むが為拒食に陥る.

  • 良書。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤まどかの作品

拒食と過食の社会学―交差する現代社会の規範 (現代社会学選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする