意識の哲学―クオリア序説 (双書現代の哲学)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000265881

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    物心二元論を超えて-「意識への現れ」(クオリア)の本質を探究する。
    感覚、内観、言語の概念に付着した数々の予断を明るみに出し、意識と物質的なものとの必然的な結びつきを前提とした、新しい物的一元論の意識観を提案する。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

信原幸弘の作品

ツイートする