対話という思想―プラトンの方法叙説 (双書・現代の哲学)

著者 : 内山勝利
  • 岩波書店 (2004年9月28日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000265898

作品紹介

すべてが語り尽くされ、言葉にリアリティが失われている-プラトンが立っていたのは、そんな場所だった。生きられた思考の方へ、謎と迷宮がいきいきと動き始める対話篇への招待。

対話という思想―プラトンの方法叙説 (双書・現代の哲学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「誰しもが持ち合わせている、このいまだ言葉にならぬ実感をどこまでも見つめつづけなければならない。そこから目をそらさないかぎり、既成のまことしやかな知に満足することはありえないだろう。知は外から情報として告げ知らされはしない。むしろ、内部に向けて、無限の否定を反復することによって、次第に近接していくべきものだ」(8頁)。

    内山勝利『対話という思想 プラトンの方法序説』岩波書店、読了。既成の権威と理論を徹底的に疑いつつも安易な相対主義や不可知論に陥らなかったのがプラトンの対話であるから、イデア論や想起説も固定的なイデオロギーと理解するのは早計だろう。 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/X/0265890.html

    本書は初期対話編から晩年までのプラトンの対話的思考の系譜を丁寧に辿り、その誤読を解く。生きた言葉による対話の運動は、単なる方法にも形式にも還元されざる「生の選択の決断」である。本書「プラトンの方法序説」(副題)は優れたプラトン入門である。

全1件中 1 - 1件を表示

内山勝利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

対話という思想―プラトンの方法叙説 (双書・現代の哲学)はこんな本です

対話という思想―プラトンの方法叙説 (双書・現代の哲学)を本棚に登録しているひと

ツイートする