ミクロ経済学 第2版 (現代経済学入門)

著者 :
  • 岩波書店
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (16)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000266949

作品紹介・あらすじ

ミクロ経済学の基礎を無理なく理解し、かつ応用できることを念頭においた、経済学を初めて学ぶ人のために工夫されたテキスト。図表を多用したわかりやすい説明で、「不確実性と情報」「ゲームの理論」「動学理論」などの新分野もカバーする。内容をより深く理解するためのコラム、練習問題もさらに充実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マクロよりは理解できた気がするが、どちらにせよ、再読が必要な気が。

  • 初めてミクロ経済学を学んだ時に使った本。
    当時は全然わからなかった。
    今なら使えるかもしれないけど。
    個人的には新世社から出ている武隈慎一先生の「ミクロ経済学 (新経済学ライブラリ)」の方がおススメです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1945年、京都市生まれ。京都大学農学博士。同大学フィールド科学教育研究センター講師を退職後、全国で有機農業の講演・指導を実施。著書に『ぐうたら流 有機農業のコツ読本』(七つ森書館)などがある。

「2018年 『西村和雄 ぐうたら農法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村和雄の作品

ツイートする