マルセル・プルースト (ペンギン評伝双書)

  • 岩波書店
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000267656

作品紹介・あらすじ

大作『失われた時を求めて』によって20世紀の世界文学に決定的な影響を及ぼした作家プルーストの、生涯を色濃く彩る同性愛的傾向を鮮やかに浮かび上がらせ、プルーストの作品解釈に大きな転換を迫る刺激的な傑作。人種的出自やドレフュス事件への関わり等の微妙な問題をも的確に抑えつつ、作家の知られざる側面を赤裸々に描き出し、新たな作家の全体像を提示する。自らもゲイの作家・批評家として広く知られ、数々の文学賞受賞歴を誇る作家による話題作。巻末に、「プルースト カミング・アウト」(土屋恵一郎)を併載。

エドマンド・ホワイトの作品

マルセル・プルースト (ペンギン評伝双書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×