反逆と反骨の精神 三国時代―南北朝 (中国人物伝 第II巻)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000267762

作品紹介・あらすじ

曹操、劉備、諸葛亮、周瑜-本巻ではまず三国時代のスーパースターたちが続々登場。後漢末以降の群雄割拠の世に躍り出た、彼らのあざやかな生をいきいきと描く。その後の魏晋南北朝の時代は、隋による全土統一まで王朝交替がつづく。その中でしたたかに生き延びた華麗なる貴族たち、あるいは続出した芸術的天才たちの素顔とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第2巻は三国志で有名な魏、蜀、呉の三国時代から西晋、東晋を経て、南北朝時代を駆け抜ける。英雄、賢帝の後は暗愚な後継ぎで治世が不安定になるパターンが繰り返される。異民族が支配する北朝、追われた漢民族の南朝。それぞれ分裂、衰亡により複雑な交代劇が繰り返され、仕官か在野の葛藤のドラマが展開される。王朝の最初の皇帝の多くが同じ武帝と名乗るため、わかりにくくさせる。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

井波律子[イナミリツコ]
1944年富山県生まれ。京都大学大学院博士課程修了。国際日本文化研究センター名誉教授。専門は中国文学。2007年『トリックスター群像―中国古典小説の世界』で第10回桑原武夫学芸賞受賞。その他の主な著書に『酒池肉林』、『中国のグロテスク・リアリズム』、『中国侠客列伝』『中国人物伝 I~IV』『論語入門』、『中国幻想ものがたり』など、訳書に『三国志演義(一)~(四)』『完訳 論語』などがある。

「2018年 『水滸伝 (五)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井波律子の作品

ツイートする