木簡・竹簡の語る中国古代―書記の文化史 (世界歴史選書)

著者 : 冨谷至
  • 岩波書店 (2003年7月29日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000268462

作品紹介

二〇世紀初頭、かつて古代中華帝国の辺境地帯であった敦煌、居延で、官僚や兵士たちが書き残したおびただしい木簡群が発見された。二〇世紀後半には、中国各地から木簡・竹簡(簡牘)があいついで出土し、その総数は数十万に上る。幻の兵法書『孫〓兵法』をはじめとする書籍、字書、法律文書、命令書、契約書、帳簿、暦、札、手紙など、内容・形式ともに多彩なこれら簡牘資料は、中国古代史研究に飛躍的な知見をもたらした。古代の人びとは文字をどのように使いこなしたのか。文書行政は帝国の支配体制にいかに組み込まれていたのか。甲骨文・金文・石刻などの記録媒体も視野に入れながら、簡牘の時代から紙の時代へ、「紙本成立前夜」の多様な書記文化を豊かに提示する。

木簡・竹簡の語る中国古代―書記の文化史 (世界歴史選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    漢帝国の辺境地帯、官僚や兵士たちが書き残した夥しい木簡群…。
    古代びとは文字をいかに使いこなしたのか。
    文書行政は帝国支配にいかに組み込まれたのか。
    竹簡・木簡から紙の時代へ、「紙本成立前夜」の多様な書記文化を提示。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 今まで謎とされていたことが、かなり分かるようになったんだなぁとしみじみ。
    紙が書写に使用され始めた起源とか、細かい話も載ってて面白くかつ参考になります。

全2件中 1 - 2件を表示

冨谷至の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

木簡・竹簡の語る中国古代―書記の文化史 (世界歴史選書)に関連する談話室の質問

木簡・竹簡の語る中国古代―書記の文化史 (世界歴史選書)はこんな本です

ツイートする