暗号理論 (〈1冊でわかる〉シリーズ)

制作 : Fred Piper  Sean Murphy  太田 和夫  国広 昇 
  • 岩波書店
2.73
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000268714

作品紹介・あらすじ

インターネット社会の安全性とは?銀行の暗証番号の照合を初め、ネット上の決済や電子政府構想に必須となる暗号理論。歴史上の逸話と暗号パズルを楽しみながら、情報セキュリティの考え方が納得できます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あなたは秘密を守れますか。

    暗号理論といって、踊る人形を思い出した人は、少し待て。そういうのもあるけど、やはりこの本は情報を守る、セキュリティの方向にかなり寄って書かれています。根本は同じだけど。

    基本的に挑んでも挑んでも一冊ではわからなかった〈一冊でわかる〉シリーズにしては、少しわかった気がした。

  • [ 内容 ]
    インターネット社会の安全性とは?
    銀行の暗証番号の照合を初め、ネット上の決済や電子政府構想に必須となる暗号理論。
    歴史上の逸話と暗号パズルを楽しみながら、情報セキュリティの考え方が納得できます。

    [ 目次 ]
    1 暗号理論への招待
    2 暗号とは
    3 歴史的な暗号アルゴリズム
    4 解読不能な暗号?
    5 現代の暗号
    6 現実的な安全性
    7 暗号の利用
    8 鍵管理
    9 日常生活での暗号

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • イギリスの大学での講義を日本語訳したもので、数式はほとんど無く内容的にはわかりやすい

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする