数学 (〈1冊でわかる〉シリーズ)

制作 : Timothy Gowers  青木 薫 
  • 岩波書店 (2004年6月8日発売)
3.48
  • (3)
  • (4)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000268738

作品紹介

数学を組み立てる考え方とはどのようなものなのでしょうか。いったい数学者はどんなことを考えているのでしょうか。よく「数学は抽象的な学問だ」と言われますが、それは決して、数学が謎めいた秘義であるという意味ではありません。抽象とは、自由に考えるための道具立てなのです。考え方のコツをつかめば、「無限」や「26次元」などといった用語は不可解なものではなくなります。数学界でもっとも栄誉あるフィールズ賞を受賞した著者が、数学を支える重要な考え方を紹介します。

数学 (〈1冊でわかる〉シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地味な見た目以上に、中身はちゃんとしている数学の本。イントロダクションと副題についているとおり、難しすぎる内容ではないけど、ちゃんとコンピュータ数学(ソートの計算量の問題)などもしっかり取り上げられている。

  •  岩波書店の〈1冊でわかる〉シリーズの「数学」。このシリーズでは過去に「政治哲学」を読んだことがある。内容は面白かったものの,自分が普段扱わない話題(普段扱わない,というのが幾分情けないけれども)だからか読み進めるのにえらい時間がかかった。この「数学」は自分にとって「政治哲学」よりかは近い分野であるせいか,あまり疲れも感じずさくさく読めた。
     モデルや抽象という言葉を基本に据えて,現代的な数学の考え方を分かりやすく述べている。文章の量も多くないので,読みやすい。高校までの知識で多くの部分を楽に理解できる。6章「幾何学」の双曲幾何学と多様体,7章「概算と近似」は,私にはよく分からないところがあった。
     解説として書かれた数学の歴史も,数学という学問の有用性を考えさせて興味深い。高校生以上,特に数学は好きだけど数学の授業は嫌いだった,という人におすすめ。

  • 数学が苦手な人も読み進められると思います。

  • 目次
    1 モデル
    2 数と抽象
    3 証明
    4 極限と無限
    5 次元
    6 幾何学
    7 概算と近似
    8 数学に関するよくある質問

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
バートランド ラ...
マーク・ピーター...
ジェームス W....
ジャレド・ダイア...
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

数学 (〈1冊でわかる〉シリーズ)はこんな本です

ツイートする