デモクラシー (〈一冊でわかる〉シリーズ)

制作 : Bernard Crick  添谷 育志  金田 耕一 
  • 岩波書店
3.42
  • (3)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000268745

作品紹介・あらすじ

「デモクラシー」という言葉ほど多義的で、便利に使われたり濫用されてきたものはないだろう。古代ギリシアに生まれたこの言葉は、歴史上、どのような理念や実践を生みだしてきたのだろうか。著者は、統治の原理、制度上の仕組み、人々の行動のあり方というデモクラシーのもつ3つの側面の区別に注意をうながしながら、共和主義や自由主義との関係、ポピュリズムの問題などと関連させつつ、「善き統治」にとってデモクラシーがもつ意味を明らかにしてゆく。イギリス政治学の重鎮が市民のために書き下ろした入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • デモクラシーとは何か。著者は、特に日本では「トランプの切り札のように」用いられる「デモクラシー」という概念を相対化する。しかし、デモクラシーを否定しているわけではなく、よりよい統治はいかにして達成されるかを考える足掛かりとしている。 内容的には入門書ではあるが、すらすら読めるということを意味せず、ある程度この手の書物を読む訓練を受けている必要あり。また、著者の「クリック・レポート」は日本の主権者教育に大きな影響を及ぼしており、著者の議論の端緒を知ることは、主権者教育への理解を深めることに繋がるだろう。

  • 始終一貫して「デモクラシーにはたくさんの意味があるんだよ」ということを語っているだけの印象を受けました。
    しかし、それで良いのだと思います。曖昧な概念だからこそ、様々な解釈や使用法がある。それを一つ一つ簡単に教えてもらえるのがこの本の良いところだと思います。

  • デモクラシーを手放しで賞賛するわけではないが、次善の策として有用であるということからデモクラシーを実現しましょうという本。
    イギリス人的文章である。
    ややこしくなるような議論は避けている。
    「デモクラシー」という言葉の多義性、「自由(主義)」という言葉の多義性が浮き彫りになり、読むときに混乱するかもしれません。
    訳の問題もある。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

英国の政治学者:シェフィールド大学教授を経て,ロンドン大学名誉教授。ブレア政権時に,シティズンシップ教育に関する諮問委員会の委員長を務めた。この諮問委員会の報告書「シティズンシップのための教育と学校で民主主義を学ぶために」は,通称クリック・レポートと呼ばれている。邦訳に,『現代政治学の系譜-アメリカの政治科学』(時潮社),『デモクラシー』(岩波書店),『ジョージ・オーウェル-ひとつの生き方』(岩波書店)などがある。

「2012年 『社会を変える教育 Citizenship Education』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バーナード・クリックの作品

デモクラシー (〈一冊でわかる〉シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする