コーラン (<1冊でわかる>シリーズ)

制作 : 大川 玲子 
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000268837

作品紹介・あらすじ

イスラームをよりよく知るために。クルアーン(コーランのより原音に忠実な表記)の原義は「読まれる(誦まれる)もの」である。クルアーンは、千数百年にわたるイスラームの歴史のなかで一貫してアイデンティティーの強固な核となってきた。一字一句が神の言葉であって絶対的な権威をもつ聖典クルアーンとは、どのような書物であり、いかなるメッセージを発しているのか?どのように形成され、伝統的なムスリム社会、さらにまた近代化の波に洗われる現代のムスリム世界でどんな役割を果たしてきたのか?イスラームを理解するために欠かせない1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コーランは18世紀になってからイスタンブールで印刷が行われた。さらにムスリム支配下の国では、まずイラン、次いでオスマン帝国で19世紀になってからコーランを作るのに印刷技術が用いられた。20世紀になると大規模に印刷された。20世紀で大成功した印刷事業の1つ。

全1件中 1 - 1件を表示

マイケル・クックの作品

ツイートする