チェチェン 屈せざる人びと (岩波フォト・ドキュメンタリー 世界の戦場から)

著者 : 林克明
制作 : 広河 隆一 
  • 岩波書店 (2004年4月6日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000269667

チェチェン 屈せざる人びと (岩波フォト・ドキュメンタリー 世界の戦場から)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偶然、なんだか気になって図書館で手に取った本。
    チェチェンのことを初めてちゃんと知りました。
    反テロ戦争の標的としてのチェチェン報道が多い中、実はロシアによる極めて長い期間の圧政、迫害、拷問の歴史があるとのこと。まずはこういう見方があるんだってことを知りました。

  • チェチェン紛争を知っていますか。
    私が生涯かけて勉強していきたいテーマのひとつです。
    大国ロシアにめちゃくちゃに翻弄される小国チェチェン。
    高原植物に囲まれ、踊り好きで世話好きで陽気な国民性。
    しかし、同時に世界で最も誇り高き民族、それがチェチェン人です。
    自分たちの国を、自分たちの手で存続させたい、ただそれだけが彼らの願いなのに、世界はこの小さな誇り高き国の人々を見ようとしません。
    目を背けたくなる迫害、虐殺を受けながら、子供たちは生まれたときから戦火の中で育ち、家族の誰かは殺されている、そんな生活を強いられています。

    世界の人は目が見えないのか、耳が聞こえないのか

    チェチェンの子供がつぶやいた言葉です。

  • 人間100いれば
    正義も100ある

    写真を通した『現実』に
    胸を痛めることしかできない歯痒さ

    本書から
    ◇一番の問題は私たちが
    情勢を正しく判断するために必要な情報が、
    正しいものなのか、作為的なものなのか
    判断できなくなっていることである◇

    全てのことに置いていえるけど
    ひとつの情報から丸呑みして得た知識は
    ほんの一部でしかないんだよね
    しかも偏ってるであろうものばかり

    ひとつひとつ大事に吸収していきたいものです

  • ロシアの圧制も日本ではあまり報道されませんね。

  • チェンチェンのことロシアの小学校占拠以外何も知らなかった。誇り高い民族、人柄がいい。農村のような岩手県ほどの場所。というのが印象的。やっぱ天然資源からんでる。

全5件中 1 - 5件を表示

林克明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

チェチェン 屈せざる人びと (岩波フォト・ドキュメンタリー 世界の戦場から)はこんな本です

ツイートする