フィリピン 最底辺を生きる (岩波フォト・ドキュメンタリー 世界の戦場から)

著者 :
制作 : 広河 隆一 
  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000269681

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このシリーズでも楽しみにしていた。ちょっと政治用語ばっかりでこのシリーズは読みにくいんだけどでもよかった。もっとインパクトのあるようにできそうだけどシリーズだし文章も少ないししょうがないよね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

やまもと・むねすけ
一九五三年長野県生まれ。フィリピン、ビルマなど軍事政権下の
民主化闘争を取材。
近年は、老い、原発・福島、戦争の記憶の取材を続ける。
主著:『鎮魂と抗い――3・11後の人びと』、
『戦後はまだ…刻まれた加害と被害の記憶』(彩流社)他多。

「2015年 『父・水上勉をあるく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本宗補の作品

フィリピン 最底辺を生きる (岩波フォト・ドキュメンタリー 世界の戦場から)を本棚に登録しているひと

ツイートする