難民 (思考のフロンティア)

  • 岩波書店 (2007年6月28日発売)
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000270052

作品紹介

20世紀は難民の世紀であった。そもそも難民とはどのような存在であるのか、どのように発生してきたのか。難民というものを、外部にいるのではなく、必然的に私たちの内側に抱え込まれている存在と考えるとき、国民国家の境界線を乗りこえてやってくる者たちに対し友愛や歓待は可能だろうか。グローバル化のなかで、その定義を再考察する。

難民 (思考のフロンティア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ■体裁=B6判・並製・カバー・186頁
    ■品切
    ■2007年6月28日
    ■ISBN 978-4-00-027005-2 C0310

    20世紀は難民の世紀であった.そもそも難民とはどのような存在であるのか,どのように発生してきたのか.難民というものを外部にいるのではなく,必然的に私たちの内側に抱え込まれている存在と考えるとき,国民国家の境界線を乗りこえてやってくる者たちに対し友愛や歓待は可能だろうか.グローバル化のなかで考察する.
    https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/2/0270050.html


    【簡易目次】
    はじめに(市野川容孝) [iii-v]
    目次 [vii]

    I 現代の人間の形象としての「難民」
    第1章 「難民」と国家の「主権」 001
    第2章 「主権国家」から「国民国家」へ 020
    第3章 ベンハビブの「権利」の概念 044

    II  難民とは何か
    第1章 難民条約と難民 073
    第2章 避難、流難、耐難――パレスチナ問題によせて 092
    第3章 日本人と難民 115

    あとがき(2007年6月12日小森陽一) [177-178]

全1件中 1 - 1件を表示

市野川容孝の作品

難民 (思考のフロンティア)に関連するまとめ

難民 (思考のフロンティア)はこんな本です

ツイートする