法 (思考のフロンティア)

著者 :
  • 岩波書店
2.64
  • (0)
  • (0)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000270106

作品紹介・あらすじ

法の主体とは誰か-望むと望まざるとにかかわらず、われわれの精神と身体は法に貫かれている。法はつねにわれわれの生死に、存在そのものにかかわる経験としてあるのだ。法の起源とは何か、法と暴力、倫理との関係はいかなるものか。原‐形象としてのアンティゴネー、ベンヤミン、デリダの思考を通して、市民的不服従や歓待、死刑の問題を考える。法を生きるわれわれにとって、今、正義はどこにあるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【目次】
    はじめに [iii-viii]
    目次 [ix-x]

    I 法はいかにあるか、法は何をしているか――法・暴力・神話 
    1 法とその「根拠」――ハート、ルーマン、デリダ 001
    2 法と暴力――ベンヤミンは今日 016

    II 法と倫理のあいだ 
    第1章 「市民的不服従」の思考 051
    1 原‐形象としてのアンティゴネー 051
    2 象徴への抵抗、有事への抵抗――「国民」か「市民」か 043

    第2章 歓待の掟――他性・言語・公共空間 054
    1 他性と応答 054
    2 難民の問い、世界市民の問い 066

    第3章 死刑を問う 075
    1 死刑廃止論の系譜――ベッカリーア、サド、ユゴー、カミュ 075
    2 主権の問い、赦しの問い――カントからデリダへ 088

    III 基本文献案内 099

    あとがき(2005年3月25日 守中高明) [109-111]



    【抜き書き】
    ◆pp. 1-3
    “ 法の存在についての思考をその純粋形において取り出すとき,すなわち,諸々の実定法の機能を自明視せず,その条文の分析や解釈を問題にする以前に,法があるという事実に裸の視線を向けるとき,人は誰しも眩暈に襲われるにちがいない.法がある,だが,法の存在とは,むろん,さまざまな存在者の存在とは異なる事態を指しており,さらに,そこには他の諸々の社会制度の存在ともはっきり区別される存在の仕方がある.法の存在という特異な次元は,いったいどのような構造をしているのだろうか.
     このような問いを引き受けた哲学者·思想家については,事を20世紀後半以降にかぎっても,ただちに複数の系譜をあげることができるだろう.たとえば,H. L. A. ハートはどうか.その主著『法の概念』(1961年〔矢崎光圀監訳,みすず書房,1976年〕)において,ハートは,後期ヴィトゲンシュタインの哲学,とりわけ「言語ゲーム」の概念に大きく影響されつつ,法理論におけるいわゆる「言語論的転回」を決定的なものにした.この「転回」が批判の対象としたのは,一言でいえば,法の存在を,それ自体の外部にあると想定されるなんらかの実体に送り返し,その実体の表現=表象として説明しようとするすべての理論である.一方に,法を「威嚇を背景とする命令」(同前,8頁)と見なす理論があるだろう.他方にあるのが,法を「道徳, ないし正義の一「分野」」(同前, 9頁)と見なす考え方であるだろう.だが,ハートはこの両者の主張をいずれも,その観念論的不徹底性において斥ける。この両者が「法の性質をめぐる困惑」(同前,10頁)を払拭できないのは,ハートによれば「ルールとは何であるのか」「ルールが存在すると言うことは何を意味するのか」(同前)という問いを,それ自体として問題化していないからである.ハートによれば,法とは,何よりもまず,言語的事象であり,複数の言語ゲームの絡み合いの効果である.法が言語的事象であるというのは,法が言語外の自然的事実や当為を表現=表象するものではなく,反対に,言語化されることではじめて社会的コンテクストの中に出現し,かつ機能する社会構築的事実だということである.そして,それが言語ゲームの効果であるというのは,かの定式,すなわち,法とは「責務の第一次的ルールと,承認,変更,裁定の第二次的ルールの結合から生じる構造」(同前,107頁)だという定式の示す意味においてである,すなわち,法とは,一般に信憑されがちなように,それだけで一義的な意味を持つような諸々の言明によって構成される秩序ではない.そうではなく,個々の行為にそのつど責務を課す「第一次的ルール」の群れに,「第二次的ルール」が言及しつつこれらを対象化し,「承認」「変更」「裁定」という操作を通じて「第一次的ルール」の「不確定性」「静態的な性質」「非効率性」を変質させることによってはじめて生ずる体系こそが,法なのである.換言するなら,法とはこの二つの次元のルールのあいだで形成される言及関係そのもののことであり,この言及関係の成立は,ハートにしたがえば「それ自体,法以前の世界から法的世界への歩み」(同前,103頁)なのである.繰り返せば,これは,実体論から法を解放する理論である.したがって,ここで問題となっているのは,法の意味ないし本質を概念化することであるよりも,むしろ,法という概念がいかなる言語行為の効果であるかを知ること,すなわち,法がそれとして機能するのは言語がどのようなコンテクストにおいて,どのように使用されるときかという,遂行的〔パフォーマティヴ〕な問いなのである(ハートが法的言語を分析するに際して提出したもう一つの重要な対概念が,「外的視点/内的視点」である.ある人がルールに関わるわる際,「自分自身はルールを受け容れないような単なる観察者」〔同前,98頁〕である場合,その視点は「外的」であり,「行為の指針としてルールを受け容れ用いる集団の一員」〔同前〕である場合,その視点は「内的」だと規定される.いっけん単純なように見えるこの区別――同じ概念系列として「内的様相/外的樣相」「外的陳述/内的陳述」がある――は,しかし,法体系とその機能,そして法の権力作用を分析する際にきわめて有益な視座を与えてくれる.法そして権力はどのような「視点」からするとき可視的となり,どのような「視点」からは不可視なのか――この問題は,われわれがつねに注意を払い考慮すべき重要な問題である).”

    ◆7-9頁
    “ こうして,ハートにおいては「第一次ルールと第二次ルールの結合」という出来事のうちに,ルーマンにおいては「自己-組織化し,自己-決定するシステム」の自律的運動のうちに,法の実体論的理解は,完全に解消されたかのように見える.すでにわれわれは,法の存在を,いわゆる「法源」から導き出そうとするような視点からは,およそ隔たった場所にいる.
     だが,ここで立ち止まって考えてみよう.
    法を複数の言語ゲーム間における言及関係と見なし,その社会構築的性質によって実体的な脅威や道徳的根拠への参照を遮断するとき,あるいは,法を閉じられたシステムと見なし,「妥当根拠の階層秩序」をトートロジカルな決定の反復によって解消しつつ「根本規範」への遡行を禁止すると,人はどのような問いを排除していることになるのだろうか.この言語ゲーム的な法解釈そして/あるいはオートポイエーシス的なシステムの設定に包摂されないものは,すべて現代の認識論的枠組みと社会構造に対応しない実体論ないし観念論の古い残滓にすぎないのだろうか.
     いや,明らかに事はそれほど単純ではない.ハートは,そしてルーマンは,そのそれぞれ厳密な形式化の手続きにおいて,その形式化が括弧に入れ,あるいは不可視にしているものを逆説的に思考すべく差し出している.事実,ハートもルーマンも,みずからが解消を目指した問題系こそが,最も困難な問題系であり,文字通り問題含みのポイントであることに充分自覚的なのである.
     その困難な問題系のうち最大のものが,「法源」の問いであり,そして法と道徳・倫理の問い,とりわけ「正義」の問いである.すでに概観したように,ルーマン的法システムにとって,「外部の源泉」は,それがいかなるカテゴリーのものであれ,参照=準拠の対象とはならない.ルーマンは書いている――

    《法実証主義は,法源の概念を用いて,妥当についての問いに答えようとする.しかし,源泉のメタファーは,法に適用されたものも含めて,古代に由来するものであり,やはり徹頭徹尾自然法的な事態に対応していたのである.〔……〕しかし源泉のメタファーは,その源泉が由来するところ(Woraus)からの乖離を示唆している.このメタファーが機能するのは,つぎのように問われない場合だけである.源泉以前には,何があったのか.何が,源泉-以前と源泉-以後との間の差異を産出したのか.》
    (前掲『社会の法』665-666頁)


     「最終的な問い」は「《何が》の形式から《いかにして》の形式へと置き換え」られるべきであり,「基準となる法源を踏まえれば,何が実定法として妥当するのか」という類の問いの代わりに,今や問われるべきは「システムは,いかにして事をなすか」「環境による継続的な刺激のもとで,システムはいかにして作動に作動を連ねていくのか」(同前,677-678頁)だと主張するルーマンにとって,源泉の問い,そして「源泉-以前」の問いは,操作的に忘却されるべきものである.だがしかし,そのことは,ルーマン的システム論が首尾一貫性を保つためのいわば戦略的要請にすぎず,問いそのものの理論的解決をなんら意味してはいない.”

  • [ 内容 ]
    法の主体とは誰か―望むと望まざるとにかかわらず、われわれの精神と身体は法に貫かれている。
    法はつねにわれわれの生死に、存在そのものにかかわる経験としてあるのだ。
    法の起源とは何か、法と暴力、倫理との関係はいかなるものか。
    原‐形象としてのアンティゴネー、ベンヤミン、デリダの思考を通して、市民的不服従や歓待、死刑の問題を考える。
    法を生きるわれわれにとって、今、正義はどこにあるのか。

    [ 目次 ]
    1 法はいかにあるか、法は何をしているか―法・暴力・神話
    2 法と倫理のあいだ(「市民的不服従」の思考;歓待の掟―他性・言語・公共空間;死刑を問う)
    3 基本文献案内

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ポストモダン法学

  • ちょっと、小難しい書き方をしてらっしゃいます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1960年東京生まれ。早稲田大学法学学術院教授。浄土宗・専念寺住職。著書に『脱構築』、『存在と灰』、『ジャック・デリダと精神分析』などが、詩集に『守中高明詩集』、翻訳にデリダ『赦すこと』などがある。

「2019年 『他力の哲学 赦し・ほどこし・往生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

守中高明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×