自由 (思考のフロンティア)

著者 :
  • 岩波書店
3.55
  • (7)
  • (11)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000270113

作品紹介・あらすじ

現代における自由への脅威とはなにか。自己決定や自己統治、セキュリティという問題は、自由になにをもたらしたのか。自由を現代社会に生きる私たちの"間"にある公共の問題としてとらえ直し、他者とともに自由であることの条件をさぐる。人間の条件としての自由-その概念の更新。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者にとっては『公共性』(岩波書店、2000年)に続く「思考のフロンティア」シリーズの第2弾となったが、残念ながら前著ほどの名声は獲得できなかったようだ。




    「他者がその言葉や行為において現れる自由が奪われてはならない理由は、そうした政治的自由が剥奪されるならば、一つの「世界」が私たちの〈間〉から失われることになるからである」(121頁)

  • 筆者は、「自由とは、人々が、自己/他者/社会の資源を用いて、達成・享受するに値すると自ら判断する事柄を達成・享受することができる、ということを意味する(ただし、他者の同様の自由と両立するかぎりでその自由は擁護される)。」と定義する。これは、私的領域における自由=消極的自由こそを最善のものだとして推し進めてきた思想史的議論は成立し得ないという考えに基づく、リベラリズムの自由観そのものであり、概ね同意だ。
    その上で、考えたい。
    果たして、現代は自由なのだろうか。

  • 齋藤先生の文体がかっこよすぎて泣いた

  • [ 内容 ]
    現代における自由への脅威とはなにか。
    自己決定や自己統治、セキュリティという問題は、自由になにをもたらしたのか。
    自由を現代社会に生きる私たちの“間”にある公共の問題としてとらえ直し、他者とともに自由であることの条件をさぐる。
    人間の条件としての自由―その概念の更新。

    [ 目次 ]
    1 自由概念の再検討(自由への脅威;消極的自由への批判)
    2 自由の擁護(自由の再定義;自由の規律;自由と安全;自由と公共性)
    3 基本文献案内

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 同フロンティアで書かれた「公共性」がよかったので。

  • ¥105

  • 自由概念の更新―「他者との交渉を断ち切る排他的主権」から「動揺・運動を可能とする<間>の維持」へ―                     現代思想のすべては「つながり・関係」にたどり着くのでは・・・と思う。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

齋藤 純一(早稲田大学政治経済学術院教授)

「2016年 『逆光の政治哲学 不正義から問い返す』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自由 (思考のフロンティア)のその他の作品

齋藤純一の作品

自由 (思考のフロンティア)を本棚に登録しているひと

ツイートする