コモンズの思想を求めて―カリマンタンの森で考える (新世界事情)

著者 :
  • 岩波書店
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000270243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国際協力における森林の協働管理やコモンズを考えるうえで、私にとって原点となる本。森林を適切に管理するために、現地住民を中心にして関係者の総意を踏まえたルール・政策を導いていく「協治」をどう築いていくか、今後も追及していきたい。

  • 大学で著者の授業をうけて面白かったので読んでみた本。
    授業のほうが面白かったかな・・・、とは思うけど分かりやすかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

井上 真
東京大学大学院農学生命科学研究科教授、早稲田大学人間科学学術院客員教授。
1960年生まれ。東京大学農学部卒。農学博士。
主要著作:Multi-Level Forrest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward(共編著, SAGE, 2015) 『コモンズの思想を求めて―カリマンタンの森で考える』(岩波書店、2004)ほか。

「2017年 『東南アジア地域研究入門 1 環境』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上真の作品

ツイートする