EUは国家を超えられるか―政治統合のゆくえ (新世界事情)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 平島健司
  • 岩波書店 (2004年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000270274

作品紹介

東方拡大、さらに憲法条約の採択を成し遂げたEU。その先にあるのはいかなる共同体の姿か。果たしてEUは国家をも超えるのだろうか。この問いに答えるために、そもそもEUはどのような組織から構成される政体であり、また統合の起点となった1950年代から現在に至るまで、各国がどのような交渉をつみ重ねながら深化・発展させていったのかを明らかにしながら、その将来像を考察する。

EUは国家を超えられるか―政治統合のゆくえ (新世界事情)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    東方拡大、さらに憲法条約の採択を成し遂げたEU。
    その先にあるのはいかなる共同体の姿か。
    果たしてEUは国家をも超えるのだろうか。
    この問いに答えるために、そもそもEUはどのような組織から構成される政体であり、また統合の起点となった1950年代から現在に至るまで、各国がどのような交渉をつみ重ねながら深化・発展させていったのかを明らかにしながら、その将来像を考察する。

    [ 目次 ]
    第1章 EUの政体とその構成要素(EU、国家、国際組織;EUの主な機関 ほか)
    第2章 統合の起点―一九五〇年代(ドイツ問題への対応;アメリカと国際組織の輻輳 ほか)
    第3章 政体の形成(初期の欧州共同体(EC)と課題の累積
    単一欧州議定書(SEA)と域内市場白書 ほか)
    第4章 多面的に広がる政体(冷戦の終焉とマーストリヒト条約の締結;欧州共同体における政策ガヴァナンスの多様化 ほか)
    終章 多様性の中の統一を求めて(民主的正統性の問題;東方拡大後のEU)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • パンフレットのようなもの。さら〜っとさらってしまう一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

平島健司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

EUは国家を超えられるか―政治統合のゆくえ (新世界事情)を本棚に登録しているひと

ツイートする