ルネサンス (ヨーロッパ史入門)

  • 18人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 亀長 洋子 
  • 岩波書店 (2005年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000270960

ルネサンス (ヨーロッパ史入門)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ルネサンスとは何でなったのか、ということの概観をつかめる本。細かい作品解説や都市社会の話ではなく、ルネサンスという文化運動をどのように捉えるべきなのかを論じている。
    こういう簡潔ながら、大づかみのその時代を理解できる本というのはなかなかないので貴重だ。

  • イタリアにおける一つの運動としてのルネサンスについて、古代の模倣という点に絞って叙述している。中世とルネサンスには断絶があるのではなく、ルネサンス人は多くの点で中世人であったと主張する。また、国外におけるルネサンスに対しては、「影響」ではなく「使用」の観点から述べている。現在の歴史学におけるルネサンス観を示す一冊ではないだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

ピーター・バークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
J・モーティマー...
國分 功一郎
カルロ・ギンズブ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする