マルチカルチュラリズム (岩波モダンクラシックス)

制作 : エイミー ガットマン  Charles Taylor  Amy Gutmann  J¨urgen Haberman  佐々木 毅  辻 康夫  向山 恭一 
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000271479

作品紹介・あらすじ

民族・宗教・性差等の境界が揺れ動く現代において、複合的なアイデンティティ形成は可能だろうか。チャールズ・テイラーの問題提起にハーバーマス、ウォルツァーらが応答を試みた、マルチカルチュラリズムの基本文献。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多文化主義は成立するのか?について。個人的には「多文化主義と教育」が参考になった。

  • それ以前にも、大著『ヘーゲル』を出してたりはしたが、やっぱりテイラーと言えばコレ。
    とはいえ、あくまで講演の活字化に過ぎず、本人もあまり満足のいっていないようで、なるほど、多文化を認めましょう、地平の融合大事だよね、と何とも穏当で面白くない。
    一番面白かったのは、たしかこの本に入っていたアッピアの追補の存在を、テイラー自身が知らなかったことかなあ(『思想』のインタビューより)。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(Charles Taylor)
マギル大学名誉教授。邦訳された著書に『近代――想像された社会の系譜』(上野成利訳、岩波書店)、『自我の源泉――近代的アイデンティティの形成』(下川潔・桜井徹・田中智彦訳、名古屋大学出版会)、『今日の宗教の諸相』(伊藤邦武・佐々木崇・三宅岳史訳、岩波書店)、『ヘーゲルと近代社会』(渡辺義雄訳、岩波書店)、『マルチカルチュラリズム』(共著、佐々木毅・辻康夫・向山恭一訳、岩波書店)など。2008年度京都賞受賞。

「2016年 『実在論を立て直す』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マルチカルチュラリズム (岩波モダンクラシックス)のその他の作品

マルチカルチュラリズム 単行本 マルチカルチュラリズム チャールズ・テイラー

チャールズ・テイラーの作品

ツイートする