市民結社と民主主義 1750‐1914 (ヨーロッパ史入門)

制作 : Stefan‐Ludwig Hoffmann  山本 秀行 
  • 岩波書店 (2009年3月26日発売)
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000272049

作品紹介

市民の自発的な意思にもとづく社交団体が民主主義を支えるアメリカに対して、権威主義的で国家中心的なヨーロッパ-トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』に起源を発するこうした捉え方とはうらはらに、啓蒙の時代以降、西欧のみならず東欧・ロシアをふくむヨーロッパ全域では、道徳向上と社交を目的に掲げたクラブや協会、フリーメイソンなどの団体が次々と登場して活発な活動をくりひろげていた。市民たちのアソシエーションを軸にヨーロッパ近代史の新たな鳥瞰図を描きだし、市民社会の歴史に再考をせまる画期的な著作。

市民結社と民主主義 1750‐1914 (ヨーロッパ史入門)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    市民の自発的な意思にもとづく社交団体が民主主義を支えるアメリカに対して、権威主義的で国家中心的なヨーロッパ―トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』に起源を発するこうした捉え方とはうらはらに、啓蒙の時代以降、西欧のみならず東欧・ロシアをふくむヨーロッパ全域では、道徳向上と社交を目的に掲げたクラブや協会、フリーメイソンなどの団体が次々と登場して活発な活動をくりひろげていた。
    市民たちのアソシエーションを軸にヨーロッパ近代史の新たな鳥瞰図を描きだし、市民社会の歴史に再考をせまる画期的な著作。

    [ 目次 ]
    序章 民主主義と市民結社
    第1章 社交のための結社―ボストンからペテルブルクにおよぶ啓蒙時代の社交
    第2章 親密さと排除―一九世紀初めのブルジョワの情熱
    第3章 結社好きな国民―ナショナリズムの時代における民主主義の実践
    第4章 大衆文化、大衆政治―「世紀末」の危機
    終章 市民結社のパラドックス

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

市民結社と民主主義 1750‐1914 (ヨーロッパ史入門)はこんな本です

ツイートする