ナショナリズム―1890ー1940 (ヨーロッパ史入門)

制作 : 福井 憲彦 
  • 岩波書店 (2009年8月27日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000272063

ナショナリズム―1890ー1940 (ヨーロッパ史入門)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナショナリズムの起こりから、19世紀後半以降のナショナリズム思想に基づいた動きを国(地域)ごとに追っていくスタイル。良くも悪くもまるで教科書を読んでいるよう。この分野での一般論がさらえるという意味では読む価値あり。本文はちゃんと歴史的繋がりに沿って文章展開されている。
    さらに細分化していく為の土台、とでも言えるだろうか。またページを開いてしまいそう。
    初めてナショナリズムについて考える人や高校レベルの世界史知識がない(もしくは記憶の彼方に飛んで行ってしまって帰って来ないような)人には厳しいかも。

  •  本書は1890年~1940年までのヨーロッパにおけるイデオロギーとしてのナショナリズムについての入門書として書かれている。そのためまず冒頭の章では、ナショナリズムに関する研究史を、近代派と連続派に大別し引用・説明する。そのうえで実際の歴史上に見える地域主義や国家におけるナショナリズムの統合、偶像化、少数派ネイションと少数派民族におけるナショナリズムの表出の差異、ファシズムと過激なナショナリズムの関連性と違い、そしてナショナリズムへの同時代人の反応について一部実例を交えながら概観する。

     入門書だけあり、一般的な主流解釈を中心にまとまっている反面、著者独自の思想性は薄い(望むべくもないのだが)。教科書としてはうまく書かれており、この時代の西洋史をはじめようとしている人には手にとって損はない。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

ナショナリズム―1890ー1940 (ヨーロッパ史入門)はこんな本です

ツイートする