日本外交史講義 (岩波テキストブックス)

著者 :
  • 岩波書店
3.46
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000280327

作品紹介・あらすじ

150年前の開国から現在に至るまで、「国民国家」としての日本は、それぞれの局面において、-国内政治と相互に影響しあいながら-いくつもの選択肢の中で、ある外交政策を選択し実行してきました。なぜその選択がなされたのでしょう。そして結果としての現在をどう考えればよいのでしょうか。日本外交の軌跡を検証するとともに、そこから見えてくるこれからの外交の姿を示します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学院入試に向け通読。大学生向けの参考書には珍しく「です・ます」調で統一されていた。明治時代から始まり、2000年代中盤までが10章に分かれ概説されており、確かに高校生にはやや発展的レベルかもしれないが、大学で「日本の現代社会・政治」について学ぶならこれ位は知っておきたい内容が網羅されていたと思う。何か主義・主張を押し付けるのではなく、見方・考え方を提示し考える良い手引きとなる書こそ「教科書」にふさわしく、本書はまさしくその教科書のうちの一冊だろう。

  • 20110629再読開始。

    以前一読したのですが、わかりやすい良書だった印象があります。

  • 明治からの日本外交史について、教科書的なチェックリストも含めて書いてある。日本外交史を簡単に、かついろいろな議論があることも含めて学びたいならば良書。

  • 語り口調での記述は違和感があるが、良作。五百旗頭編著はまさに外交史であり、日米、アジアの当局者の交渉過程を細かに書き上げている。しかし、この本はマクロな史的視点に立ち、また内政にも立ち入り、特に安保問題の議論は特筆に価する。また、外交と内政の連関性に対する視点は他にはない。他の教科書とあわせて読むことをお薦めするが、大局的に理解するときにこの本はお薦め。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1956年、東京都生まれ。一橋大学社会学部卒業。同大学院法学研究科博士課程、学習院大学法学部教授などを経て、現在、学習院大学学長。法学博士。専攻は日本政治外交史。内閣府公文書管理委員会委員、特定歴史公文書等不服審査分科会委員。主な著書に、『危機のなかの協調外交』(山川出版社、吉田茂賞)、『戦前昭和の国家構想』『終戦後史 1945-1955』(いずれも講談社選書メチエ)、『吉田茂と昭和史』『戦前昭和の社会 1926-1945』『第一次世界大戦と日本』『昭和の戦争』『戦争調査会』(いずれも講談社現代新書)、『戦前日本の「グローバリズム」』(新潮選書)、『昭和史の逆説』(新潮新書)、『山県有朋と明治国家』(NHKブックス)、『政友会と民政党』(中公新書)、『理想だらけの戦時下日本』(ちくま新書)などがある。

「2018年 『日中戦争 前線と銃後』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上寿一の作品

ツイートする