史料学入門 (岩波テキストブックス)

制作 : 東京大学教養学部歴史学部会 
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000280433

作品紹介・あらすじ

歴史学の基礎作業ともいうべき史料の批判的な解読作業から、どのような豊かなイメージを引き出すことができるのか。本書は、初学者に向けて古今東西の様々な事例を紹介しつつ手ほどきする歴史学入門。史料解読の重要性と面白さを講ずることで、歴史学の何たるか、また歴史研究の醍醐味を伝える。大学教養課程における歴史論の基礎教材として構想されたテキスト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の卒業研究のテーマに歴史学というアプローチをすることでどのようなことが言えるだろうかというイメージを持つために読んだ。ほぼほぼ現代が対象になるため、前半の史料中の未知の言葉をどう解釈するかについての部分はあまり関心がなかった。一方、多方面からの証拠(史料)を用いたり、文字史料としては残りにくい、その時代の日常の部分を文献以外のツールを使って埋めていく研究には、自分の研究への応用の可能性を感じた。記憶と歴史の緊張関係は常に自覚していないといけないと感じた。

  • 歴史学、文献学、等のつながりを理解したくて、読了。

    個人的には、序論が一番良かった。歴史学は、考古学と文献の史料学が両輪となっていることがわかっただけで十分であった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする