ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)

制作 : 清水 真砂子 
  • 岩波書店 (2006年5月11日発売)
3.51
  • (23)
  • (48)
  • (95)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :375
  • レビュー :34
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000280747

作品紹介・あらすじ

魔法の力を使い果たしたゲドは故郷ゴント島に戻り、テナーと再会する。大火傷を負った少女も加えての共同生活が軌道にのりだした頃、三人は領主の館をめぐる陰謀に巻き込まれてゆく。太古の魔法を受け継ぐのは誰か。

ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死と再生。
    論理から、生活へ。
    男と女。
    「女は屈辱なんて慣れっこになっている」という言葉が印象的。確かに、そう思う。慣れてしまわなくては生きていけない現実が、確かにある。

  • 魔法の力を失ったゲドは生まれ故郷のゴントへカレシンの背に乗って戻ってきた。

    そのゴントにいたオジオンはゲドの帰りを待つことなく死んでしまう。
    オジオンの死をみとったテナーは両親に火で焼かれ片目は見えず、顔の半分はやけどに覆われてしまったテルーとともに、オジオンの家で暮らすようになる。
    物語は主にテナー目線で進められていく。

    ようやくテルーが登場。こんな暗い過去を持った子だったとは。
    魔法の力が無くなったというのはゲドにとって大きな事で、なかなか受け入れられないことだったのだろうなぁ~

    今回の物語は女と男とはどのようなものなのか、それぞれの力とはということについて多く語られていたように思います。

    そして男が男になるには女が必要だし、女が女になるためにも男が必要なのだなぁと思いました。

  • 2018年12冊目。

    4巻の大きなテーマは「力」だと思った。
    若い頃から力を持っていたゲドのこれまでの葛藤は、世界の均衡を崩さないための「正しい力の使い方」や、虚栄心からの「誤った力の使い方」に対するものだった。
    黄泉の国で力を使い果たしたゲドがこの巻で体験するのは、「失ってしまった力」という悩み。
    力を失ってしまったゲド。力から逃げるテナー。力を恐れられるテルー。
    そんな三者の共同生活の中で語られる力の本質。
    映画版でかなり謎だったテルーと竜の関係も、その裏の設定がこの巻でだいぶわかる。

  • 『それで、わたし、考えたの。人が力を持つためにはまずその力をとりこむだけの余地がなければならないって。』

  • オジオンが死んでハイタカが魔力をなくして、
    とてもさみしい巻だけど、
    ひきかえにハイタカが人間になっていくようでうれしくもあった。
    テルーの成長、ゲドとテナーの関係、
    ゆっくりだけど確実に強くなっていく絆に感服せずにはいられない。
    「帰還」は、ただゲドが帰ってきただけでなく、
    みんながそれぞれ帰るところをみつけていく物語なんだね。

  • ゲド戦記の世界においての「女性」というものが描かれている作品。
    主人公は2巻でアチュアンの墓所の巫女だったテナー。
    只の「女」として生きる道を選んできたテナーと、一人の「男」という魔法も何もない人間に戻ってしまったゲドが再会する。
    虐待され、火傷を負った少女、テルーも登場する。
    女とは、男とは。家族とは。

    翻訳が硬くて分かりにくいところもあるけど
    読み進められる本でした。

  • この物語の原語版が世に出たのが1990年、続いて日本語版が出たのが1993年なのだそうです。  いわゆる「ジェンダー」という言葉が「性の自己意識・自己認知(性同一性)」の問題を扱う世界で使われ始めたのが1950年代から1960年代にかけて、その同じ言葉が社会科学の分野で使われ始めるようになった(社会・文化的に形成された性;要するに性的役割というような分野で使われるようになった)のが70年代でした。  そしてその70年代に始まった定義が80年代に入るとフェミニストの間では「ジェンダー」という言葉の当然の定義となされるようになりました。  そういう意味ではこの物語が書かれた背景には確実にアメリカ社会における「女性の社会的自立・社会進出」の影響があったことは想像に難くありません。

    だから・・・・・なのか、そこかしこに「ジェンダー論」的な表現が顔を出します。  だいたいにおいて、「ゲド戦記」と銘打っている割にはこの第4巻、メインの登場人物は第2巻の「壊れた腕環」でゲドに助け出された元大巫女のテナーと彼女がひょんなことから引き取ることになった大火傷を負った少女テルー、更には彼女たちの生活を何かと助けるコケばばとよばれるまじない女っていう感じで、色々な世代の女性のオン・パレードです。  



    KiKi も自身が「男尊女卑がまだまだ当たり前だった時代」に社会に出て、社会人時代の最後の時期には一応役員と呼ばれるポジションまでいった♀なので、恐らくもっと若い時期、それも会社にいても会議には出席させてもらえず(会議の最中に呼ばれることがあれば、それは吸い殻で一杯になった灰皿のお掃除か、会議で使われた資料の追加コピーか、お茶のお代わりか)、「うちの課の女の子」と呼ばれていた時期にこの本を読んでいたら、コケばぁやテナーの気持ちにもっと寄り添うことができたように感じます。

    でも、今の KiKi にはちょっとそのあたりはウザったい・・・・・ ^^;  自分は一体何者なのか?  自分の人生とは?  人間とは??  というような大きな命題までは共感できるんだけど、そこからさらにジェンダーの領域までに踏み込んでいる 「女として生まれた自分の存在価値は?」 とか 「女の人生とは?」 という記述の部分になると、何気に古臭さとか偏狭さみたいなものを感じちゃいます。  まあ、逆に言えばそれだけ「時代の方が変わった」証なのかもしれません。

    今の KiKi がこの物語を読むとテナーの抱える悩みよりもゲドの抱える空虚さの方により共感できちゃう自分がいます。  社会の中でそれなりの「力」を持ち、それなりの「仕事」を成し遂げた人間は、それができていた世界から足を洗った瞬間に、「まるで子供のように、どっちへ向かえばいいのか、何をすればいいのかわからない」というのはよくあることだと思うんですよね。 

    魔法の力を使い果たしたゲドは、まるで高度経済成長期の「燃え尽きサラリーマン」が定年退職を迎え、「濡れ落ち葉状態」な~んていう不名誉極まりない形容詞付きで表現されていたのとどこか似通っています(苦笑)  とは言え、一介の「燃え尽きサラリーマン」と一度は「大賢人」とまで呼ばれた男はやっぱり違うわけで、痛ましいほどにヨレヨレ & 茫然自失状態のゲドであっても、ちゃんと自力で「自分を見つめ直す」根性と覚悟ができちゃうところが秀逸だと感じました。  特にゲドが魔法の力を失うに至ったのは「自分で選んだ道」でありながらも、どこか時代に、世の要請に流されてクモと対決せざるを得なくなったという要素があるだけに、事前の覚悟・心の準備みたいなものはお世辞にも確立していたとは言えないわけだから・・・・・。
      
    KiKi もある意味では何年か前に生き方の大転換を図りました。  組織の中で持っていたそれなりの「力」も経済力という「力」もその時に捨て去りました。  その決心をする大きな要因だったのは、ばぁばの認知症罹患という事態(要するに外側からの要請)だったけれど、幸い KiKi の場合は、若い頃から常に「10年先、自分は何をしていたい?」というのを考え続け「そうなるためには今何をすべき?」を考え実践するトレーニングをしてきたので、今現在の生活はそこで描いた自分なりに描いた Vision に沿っているから大きな迷いとか喪失感みたいなものとは無縁の生活ができています。  

    でも最近になって、その「要介護4の認知症罹患患者(うちのばぁば)の介護」を経験してみて初めて、「自分が何者か、何をしたかった人間なのか、自分の身近な人間が誰なのか、今自分はどこにいるのか がわからなくなってしまう可能性」に否応なく気がつかされ、万が一自分がそうなった場合の恐怖をかなり現実的なものとしてイメージするようになってきています。

    この物語で帰還したゲドは、「世間がかつての自分を求めにやってくる」ことに恐怖を感じていました。  でも、彼は魔法の力こそ失くしたけれど、自分が「ゲド」であり、呼び名が「ハイタカ」であることはちゃんと覚えています。  でもうちのばぁばのように、時に自分の名前さえ忘れてしまうようになったら、何を自分の核として生きていけばいいのか・・・・・?  

    物語ではそんな老年期にさしかかったゲドとテナーが描かれるのと同時に、彼らの色々な意味での後継者となるテルー(テハヌー)と 「暗黒の地を生きて通過し、真昼の遠き岸辺に達した王者アレン(レバンネン)」も活躍し、世代交代が描かれています。  もちろんその「世代交代」という現実をちゃんと認識できれば人は「それなりの生き方」を考えることもできると思うんですよね。  でも、うちのばぁばのように自分の亭主も自分の娘もわからなくなってしまったら、世代交代もへったくりもないわけで、そうなったらどうやって、何を支えに生きていけばいいのか??

    そんなことを考えさせられる読書となりました。

  • 死の国で力を使い果たし弱くなった姿を、ゲド自身とテナーが受け容れ、新たな生き方を模索しつつ、次世代を育む物語。
    読んでいる側も、ゲドの姿を受け容れていくことが同時進行する。

    弱いゲドを見るのは悲しい…しかし、それでも人生は続いていくのだなあ。

    そして、そうきました!?な展開。

  • まだ読んでないけど、なんかアイコンでかい・・・気になる・・・

    読み終えました。
    そっちいったか・・・。
    しかし、テルーの事を思うとほんと胸が痛くなる。

  • ゲド戦記Ⅳ。テルーがどっちでテナーがどっちだ?としょっちゅう混乱した・・・。

全34件中 1 - 10件を表示

アーシュラ・K.ル・グウィンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)を本棚に登録しているひと

ツイートする