イノベーション 悪意なき嘘 (双書 時代のカルテ)

著者 : 名和小太郎
  • 岩波書店 (2007年1月11日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000280877

イノベーション 悪意なき嘘 (双書 時代のカルテ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルで登録。
    「悪意なき嘘」がイノベーションで、「悪意ある嘘」が詐欺ということになると予感する。

    Amazon コメント 麒麟児さん
    「(3)品質管理的発想からは抑えるべきであるはずの「バラツキ」が金融工学的発想では「リスク」=事業機会としてむしろ珍重されるという倒錯、等々。」

    とすればこれは読むべき1冊。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]
    第1章 専門分野は?
    第2章 モノ離れ
    第3章 品質管理、そして保守
    第4章 アンバンドリング、またアンバンドリング
    第5章 部分最適へ、短寿命へ
    第6章 制御しない、制御する、制御すれば

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

名和小太郎の作品

ツイートする