豊かさと棄民たち―水俣学事始め (双書時代のカルテ)

  • 15人登録
  • 4.75評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 原田正純
  • 岩波書店 (2007年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000280884

豊かさと棄民たち―水俣学事始め (双書時代のカルテ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 福島と水俣の共通点
    1。まだ事実解明は終わってないのに、終結宣言を出したがる行政
    2。「専門家」は(研究費の名目で買収されて)行政に都合のいいことを言う
    3。加害者である企業を守るように行政は動く
    4。専門家はまだわかってない事実は、念のため言っておいたほうが追加的な被害を減らせる場合でも隠す。なぜなら、もし明言した後でそれがリスクの過大評価だということが明らかになったとき、責任を追及されると恐れるから。
    p71
    「確証がないままに、余りに早く公表すると、それが間違いだった場合に非難され、場合によっては告訴されることもある。確証がつかめるまで発表を引き伸ばしていると被害が拡大する。」
    5。地域への風評被害 結婚を断られたり、差別されたり
    6。企業側の、「想定外」の主張

  •  水俣病がメチル水銀中毒ではなく、『水俣病』と命名された経緯は、みんなが知るべきであろう。

     そして『公害が起こって差別が発生するのではなく、差別のあるところに公害が起こる』という指摘は深い。中央が地方を差別した結果、持てるものが貧しいものを差別した結果、今の場所に原発が建設されたとすれば、原発は差別と公害の象徴であるだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

原田正純の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする