もしもソクラテスに口説かれたら―愛について・自己について (双書 哲学塾)

著者 :
  • 岩波書店
3.48
  • (12)
  • (18)
  • (33)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000281515

作品紹介・あらすじ

わたしたちはいったい何を愛しているのか。ソクラテスがつきつけたこの問題は、わたしたちを思わぬ世界に引きずり込みます。その世界には落とし穴や地雷がいっぱい。迷路もあれば抜け道もあります。実際に歩いて体験する哲学実習。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうにも読むのが面倒くらいなと感じて10年も積ん読立った本。論理を屁理屈をこねくり回す。哲学者ってそういう感じなんだろうなと思った。いい意味で。そんなふうに丁寧に論理を紐解いていくと、結局最初に立てたソクラテスに対する問いに答えを出すのは簡単ではないことが分かる。

  • 本書は、先生と学生との対話形式で進んでおり、読みやすいですが内容は難しかったです。
    ソクラテスの口説き文句について考えていきますが、結論として哲学という学問は「言葉の学問」か「概念の学問」か分からないというところに行きつきます。
    私も色々考えてみようと思いました。

  • プラトンのアルキビアデスからの抜粋を元に、自己とは何か、愛するとは何か、身体と魂と心はどういう関係にあるか、ソクラテスの議論にはどういう問題があるか、をゼミでの問答形式で深めていくもの。軽妙な筆致で楽しく読めるが、かなり深遠なところに読者を誘っています。

  • 構成は、大学のゼミを通して、先生と学生との対話形式で話が展開していきます。そのため、基本的に話し言葉でつづられているため、「哲学」という内容の割に非常に読みやすいものになっています。そして最終的には、哲学とはどういうものか…ということが、さらっと触れられています。そこに至るまでの繰り返し繰り返しの議論が面白いです。

    「僕らは緻密に考えることに慣れていないので、どうしても単純化して大雑把に考えてしまいます。ぼくがここでしゃべったことも、色々な点で緻密さが足りなくて、間違っているところも多いと思うんですね。正確に考えるのは難しいんです。でも正確に考えないと哲学の問題は解決できないから、苦しいところです。」

    たしかに普段はどうしても楽な方向に流れがちになると思います…。仕事でも家庭でも、ついつい楽したくなって、流されて、あとになって、慌てて、取り繕う。取り繕うことができたら、まだ救いがあるけど、取り返しがつかないこともある…。

    この本では、あえて考えすぎる方向でこれらの本と向き合ってみようかなと思いました。第一巻は、スラスラ読めたので、自分自身では考えすぎることはなく、先生や学生さんの「考えすぎ」の追体験に過ぎませんでしたが、それでもなかなか面白い体験でした。

  • 文中で何度か、哲学的な問いをかけられます。自問自答しながら読みました。

    【備忘録】
    「わたしはあなたの顔も性格も嫌いですが、あなた自身を愛してます。」

    ・身体ではなく魂を愛すること
    ・身体と魂の境界は?心とは?
    ・脳死になったらわたしではなくなる?
    ・身体はわたしの一部か?
    ・言葉の問題:そもそも言葉は人が創り出したもので「わたし」や「魂」が何かはわからない。使う人によってその言葉は違う意味になる。

  • 12.04.16入手(学校図書館)

  • もしもソクラテスに口説かれたら。。。

  • ソクラテスからの口説かれ方
    ソクラテスの考え方への理解が客観的で、土屋さんはソクラテスファンって訳ではなく一人の哲学研究者だと感じました。
    「使う」と「使われる」に関する学生たちとの話し合いは長々していて退屈でした。先日古本屋で買った「ソクラテスの口説き方」読むのが少し憂欝です。

  • 入門書としてはハードルが低く読みやすい。

  • 他の土屋先生の本よりも笑いどころは少なかったけど、
    でも、普段の授業の様子が垣間見えた。
    哲学をどのように日常生活に生かすのか。
    結構卑近な例に近付けて考えているのね~

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年岡山県玉野市生まれ。玉野市立宇野幼稚園、宇野小学校、宇野中学校と、とんとん拍子に宇野地区きっての名門校を進み、中学2年生のとき岡山市立丸の内中学校に転校。岡山操山高校を経て、官僚を目指して東京大学文科一類に入学。2年後、方針転換して文学部哲学科に進学して大学院博士課程中退。東大助手を務めた後、お茶の水女子大学に着任。35年にわたって哲学を教え、現在、お茶の水女子大学名誉教授。 哲学のかたわら、五十歳のときユーモアエッセイ集『われ笑う、ゆえにわれあり』(文春文庫)を出版したのを皮切りに、『妻と罰』『ツチヤの貧格』(文春文庫)、『ツチヤ学部長の弁明』(講談社文庫)など多数のユーモアエッセイ集と、『ツチヤ教授の哲学講義』『ツチヤ教授の哲学入門――なぜ人間は八本足か』(文春文庫)など少数の哲学書を発表、いずれも好評のうちに絶賛在庫中。他に『幸・不幸の分かれ道――考え違いとユーモア』(東京書籍)、『われ悩む、ゆえにわれあり―― ツチヤ教授の人生相談』(PHP)などを矢継ぎ早に発表し、在庫に花を添えている。週刊文春とPHPに連載中。

「2013年 『哲学者にならない方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土屋賢二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
土屋 賢二
土屋 賢二
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

もしもソクラテスに口説かれたら―愛について・自己について (双書 哲学塾)を本棚に登録しているひと

ツイートする