見知らぬ町 (Coffee Books)

著者 :
制作 : 磯 良一 
  • 岩波書店
2.79
  • (0)
  • (2)
  • (20)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :53
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (75ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000281713

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同じシリーズの「おいしい水」が秀作だったので
    次は「見知らぬ町」を。

    みなさんの評価が低いなぁ。。。と思いつつ
    読み始めると、確かに・・・
    うーん、物足りない感が。

    これ長編だったら面白そうなのに・・・という
    お話がたくさんあって、勿体ないー。
    坂東さんの奇譚もの集でした。

  • B6判78ページの小型本に挿画つきの9話が収められた書き下ろし。

    天地を創造した神様が下界に落ちて記憶喪失になったり、駅の伝言板を見て足跡を1つ10万円で売って記憶をなくしていったり、といった不思議な小品集。

    現代社会への皮肉、警鐘、いろいろに受け止めていいのだろう。

  • 2015 2/25

  • 2015年2月1日

    装丁・本文レイアウト/桂川潤

  • 話は失礼ながら特に印象には残らなかったけれど挿絵が素敵でした。
    厚みの薄い短編集でさっくりと読めます。

  • 狐につままれたような話を集めた短編オムニバス集。
    世にも奇妙な物語などでありそうな感じですね。
    この作者の話はラスト1行にオチや内容の締めを詰め込んでるので、
    そこに辿り着くまでピースを集めながらワクワク読み解くと面白い。
    そして間接的な意味付け会いが妄想を楽しませてくれます。
    挿絵も素晴らしく、読み物でありアート的な本だなぁと思ったりしています。

  • 見知らぬ町に迷い込んだような奇妙な気分になる小さな物語でした。

  • 月並みというか。落ちが弱い。

  • 短編集。どれも不思議で奇妙。1話目が一番好きだった。
    2010/3/21

  • 人ごみの中で迷子になったような気分。

全10件中 1 - 10件を表示

坂東眞砂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

見知らぬ町 (Coffee Books)はこんな本です

ツイートする