瓦経 (Coffee Books)

  • 岩波書店
4.00
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (76ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000281768

作品紹介・あらすじ

作為無作為の混濁に、彷徨い、眠り、目覚め、落ちる、掌編六編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Coffee Books シリーズ

    「摺墨」 「掛軸」 「裏白」 「放生」
    「岬」 「瓦経」の6篇

    金井田英津子さんのモノクロームや
    抑えられた色の画が美しくて

    「裏白」「放生」「瓦経」の雰囲気が詩的で
    幻想的でとても好き。

    だんだんモノクロからシックなカラーな世界に
    展開されていく話と、画が合っていて
    閉鎖されている世界が広がっていくような
    不思議な感覚。

    何度も読まないと難しいけど
    繰り返して読んでみたいと思います。

  • 金井田英津子が絵を描いていることも手伝って、『夢十夜』の雰囲気を持つ短編集。漱石の幻想はむしむしと重苦しいものがあるのに比べて、日和さんの幻想はさらりとしていて、冷たい石を口に含むような心地よさがあった。表題作は非常になまめかしい。

  • 一見何の変哲もない話ながら、なぜかはっと息をのむほどの印象が色濃く脳裏に刻まれる短編集。しかし決してカラフルな色彩ではなく、濃淡あるモノクロの世界が目の前に存在している感じで、そのさまはまるで、たっぷりと墨を含んだ筆先から、ぽたっ、ぽたっと落ちた滴が、汚れのない白紙に足跡を残していくようだった。

  • 2015 2/11

  • 『摺墨』『掛軸』『裏白』『放生』『岬』『瓦経』の6つの掌編が収められているが、特に表題にもなっている『瓦経』が良かった。祭りのもつ「異質なものと交じりあう恍惚感」と、光から闇、闇から光へという情景の移動が、幻想世界の彩色を色濃くしている。脈氏の不思議な色気もまた一興。

  • シリーズの中で、物語と絵の素晴らしさが抜きん出て一番(星野智幸もとても良かったけれど、小野田の描く人間や魚の目が怖くて嫌)。
    本作は六つの掌編から成るが、金井田は各作品に合わせ絵のタッチをものの見事に変えている。そして文字の色も一編毎に変えているのも素晴らしい。
    本て物は想像する事により五感が研ぎ澄まされる秀逸な物ではあるが、やっぱり一番は視覚な訳で、その視覚に徹底的に訴えてくるというのは手抜きを感じさせず、本への愛を感じる。

    どの話も味わい深く、未だこの世界から抜け出すことが出来ない。

  • 注文しました。
    (2012年8月30日)

    届きました。
    (2012年9月4日)

  • ネタばれに注意!との事ですが、ワタクシの場合、それらしき話の事さえ書かないので、問題外かな。さて、この『瓦経』日和聡子さんの短編集に金井田英津子さんの絵という事。図書館のあたらしく入った本のコーナーで見つけました。実は読了していない。短編3つまで読んだところ。感想らしきものも、まだ浮かばない。岩波からも、こんな感じ?の本がでているの?って感じです。読了したら記事を書き直そうかな…

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日和 聡子(ひわ・さとこ)詩人、作家。 1974年、島根県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2002年、『びるま』(私家版、のち青土社)で第7回中原中也賞受賞。2012年『螺法四千年記』で第34回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『御命授天纏佐左目谷行』などがある。

「2015年 『[現代版]絵本 御伽草子 うらしま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日和聡子の作品

ツイートする