イスラーム建築の世界史 (岩波セミナーブックス S11)

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000281812

作品紹介・あらすじ

厳しい乾燥地帯に誕生した一神教としてのイスラームの理想空間が、多様な圏域へどのように展開し、変容してきたのか。イスラーム建築と諸地域の既存宗教建築との関わりに注目し、民族の移動や宗教の広がりが建築文化に与えた影響をヨーロッパから東アジアまでを含めて考察。代表的なイスラーム建築を豊富な写真、図版とともに時代を追って辿る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:522.7||フカ
    資料番号:10222065
    --------------------------------------

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】522.7||F【資料ID】91132134

  • イスラム建築、美術と言っても地域や年代によっていろいろな種類があることが分かった。
    基本的にモスクの考察がメイン。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

群馬県生まれ。1981年東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。東京大学東洋文化研究所客員教授、早稲田大学イスラーム地域研究機構研究院教授等を経て、現在、日本学術振興会カイロ研究連絡センター・センター長。2005年、地中海学会ヘレンド賞受賞。専門はイスラーム建築史、インド洋建築史

深見奈緒子の作品

ツイートする