中国の恋のうた――『詩経』から李商隠まで (岩波セミナーブックス S12)

著者 :
  • 岩波書店
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000281829

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前に漢詩文を学んだ時、閨怨の嫋々とした詩が
    とても美しくて、もっと詳しく読みたくて手にとった。
    漢詩の中で恋にスポットを当てているのは珍しい。

    いいものも多いのだが…セミナーを直接紙上に
    再現しているので、早く作品だけを自由に読みたかった
    私の気分に合わずすぐに本を閉じてしまった。

    この本自体は丁寧に背景などを説明している良書だと思うが
    たまたま私がせっかちになってしまっている時で、いい点が
    仇になってしまった。もう一度時期を見て読みなおそうと
    思っている。

  • 勉強になりました。

  • 珍しい漢詩の恋の歌。訳文が読みやすいものもあったり、解説文や挿話も面白いので、中学や高校でちょろっと漢文のイントロにも使えそうな気はする(・・けど女子限定かも)

    序文で著者が引用していた言葉のなかに、

    いわゆる「名作」として受け止められてきたもの、それだけが文学ではない。「真に」普及的な文学といえる文学がまだほかにあるのだ

    という一説があるのですがまさにそのとおり。確かに文学は基本西欧近代文学中心の流れがあるから。(言葉と宗教感の問題もあるんだと思うけど)

    そういうのとか、海外の書店を行ったりすると、日本人でよかった!とすごく痛感する。なんだかんだいっても日本人は好奇心が旺盛というか、平均的にいろんな国の文学や思想を活字として親しむ傾向が強いな、と思うのです。

全3件中 1 - 3件を表示

川合康三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

中国の恋のうた――『詩経』から李商隠まで (岩波セミナーブックス S12)に関連するまとめ

中国の恋のうた――『詩経』から李商隠まで (岩波セミナーブックス S12)はこんな本です

ツイートする