ヘロドトス『歴史』――世界の均衡を描く (書物誕生 あたらしい古典入門)

著者 : 中務哲郎
  • 岩波書店 (2010年8月26日発売)
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000282994

ヘロドトス『歴史』――世界の均衡を描く (書物誕生 あたらしい古典入門)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出口塾の課題図書。最初の歴史書、といわれるヘロドトスの「歴史」を読み問いたもの。正直なところ、ギリシャの地名や歴史の基礎を知らないと難解。というか分かっていたほうが多分ずっと面白い

    汲み取ったこと。

    ・人間の歴史は繰り返す、栄枯盛衰。車輪のような歴史観
    →これがどのようにゾロアスター的世界観につながっていくのか?要留意
    ・見て、聞く 足でかせぐ歴史家。ヘロドトス学者というより冒険家
    ・神は人間の投影。人間が解決できない問題を解いてくれる存在としての創造

全1件中 1 - 1件を表示

中務哲郎の作品

ヘロドトス『歴史』――世界の均衡を描く (書物誕生 あたらしい古典入門)はこんな本です

ツイートする