李白――漂泊の詩人 その夢と現実 (書物誕生 あたらしい古典入門)

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000283021

作品紹介・あらすじ

自らを「山人」と称する李白。ロマンチックな夢をかきたてる旅も詩作も、実は功名への野望と分ちがたく結びついていた。なぜ、中国のほぼ全域を巡るほど旅の多い人生を送ったのか。シルクロードの交易を担ったソグド人やバクトリア人の商人たちと、李白の出生地の関係に注目し、杜甫や高適など他の「山人」的な詩人たちとの交流のさまを窺いながら、その理由を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 李白の生涯が「多くの伝説に彩られ、小説、戯曲などのフィクションの世界にまで広がって」いってしまうことの謎ときという意味で、「水戸黄門「漫遊」考 (講談社学術文庫)」と通じるように思いました。

全1件中 1 - 1件を表示

金文京の作品

李白――漂泊の詩人 その夢と現実 (書物誕生 あたらしい古典入門)を本棚に登録しているひと

ツイートする