日本軍の治安戦――日中戦争の実相 (シリーズ 戦争の経験を問う)

著者 :
  • 岩波書店
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000283731

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    占領地の治安を「守る」と称して、日本軍は中国で何をしたのか。
    日本側・中国側双方の史料に基づいて治安戦の発端から挫折に至る過程を丹念に辿る。

    [ 目次 ]
    プロローグ 山西省の治安戦における宮柊二と田村泰次郎
    第1章 日中戦争のなかの治安戦
    第2章 華北の治安工作と「第二の満州国化」
    第3章 百団大戦と治安戦の本格化
    第4章 アジア・太平洋戦争と治安戦の強化
    第5章 治安戦の諸相―加害者の論理と被害者の記憶
    エピローグ 対日協力者=漢奸たちの運命はどうなったか

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 「治安戦」=三光作戦とは何か? なぜ民衆虐殺は起きたのか? その構造と実態に学問的総合的に迫る一冊。南京事件に重きが置かれがちな日中戦争研究において、このような学術的三光作戦本が出たのは喜ばしい。証言本と合わせて読むのをお勧めする。

全2件中 1 - 2件を表示

笠原十九司の作品

ツイートする