せめぎあう地域と軍隊――「末端」「周縁」軍都・高田の模索 (シリーズ 戦争の経験を問う)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000283793

作品紹介・あらすじ

一九二五年の第一三師団廃止の後、連隊区司令部以下が所在する「末端」「周縁」軍都となった新潟県高田市(現上越市)。満洲事変、盧溝橋事件を経て、一九四一年の対米英開戦に向けて社会における軍事の比重が次第に増してゆく中、軍からの自立と、軍による振興との間で揺れ動き続けた高田の模索を通じて、日本の軍都の特質を描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    一九二五年の第一三師団廃止の後、連隊区司令部以下が所在する「末端」「周縁」軍都となった新潟県高田市(現上越市)。
    満洲事変、盧溝橋事件を経て、一九四一年の対米英開戦に向けて社会における軍事の比重が次第に増してゆく中、軍からの自立と、軍による振興との間で揺れ動き続けた高田の模索を通じて、日本の軍都の特質を描き出す。

    [ 目次 ]
    序章 兵士のいる風景(軍事史と地域史―一九九〇年代以降の研究動向;「軍都」論 ほか)
    第1章 「軍都」の意識論(都市建設への模索―師団廃止から満洲事変へ;大都市建設の夢―満洲事変から日中戦争へ ほか)
    第2章 子どもたちと軍隊(高田中学校『第一義』を読む;直江津農商学校『校友会報』を読む ほか)
    第3章 地域と軍隊をむすぶ人々(帝国在郷軍人会と陸軍将校団;在郷軍人会と地元部隊 ほか)
    第4章 戦時のアトモスフィア(神社境内の変容;軍事と日常 ほか)
    終章 市民のいる風景

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 近代軍都空間の研究本

    個人的には金沢・相模原に次いで、第三番目の地の軍都研究の参考書

  • 2010.03.21 日本経済新聞で紹介されました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1953年生。1976年弘前大学人文学部卒業。1979年立命館大学大学院文学研究科修士課程修了。1985年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、広島大学大学院文学研究科教授 ※2015年1月現在【主な編著書】『せめぎあう地域と軍隊』(岩波書店、2010年)、『「生存」の東北史』(共編著、大月書店、2013年)、『軍港都市史研究Ⅲ呉編』(編著、清文堂出版、2014年)

「2015年 『日本の軍隊を知る 基礎知識編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河西英通の作品

せめぎあう地域と軍隊――「末端」「周縁」軍都・高田の模索 (シリーズ 戦争の経験を問う)を本棚に登録しているひと

ツイートする