「連動」する世界史――19世紀世界の中の日本 (シリーズ 日本の中の世界史)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000283847

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 209.6||Mi

  • 東2法経図・6F開架:209.6A/Mi37r//K

  • 世界史が面白いと久しぶりに思った。
    それぞれの国の歴史を並べるのではなく、各国の動きが連動する19世紀世界。本書で読む列強の「グレート・ゲーム」は、まるで迫力あるRPGのようである。
    まだまだ歴史は掘り下げられると感嘆した。こういう本がもっとあれば世界史嫌いの学生も減ると思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2019年5月現在
NPO歴史文化交流フォーラム付属世界史研究所所長、千葉大学・法政大学名誉教授

「2019年 『歴史的に考えるとはどういうことか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南塚信吾の作品

「連動」する世界史――19世紀世界の中の日本 (シリーズ 日本の中の世界史)を本棚に登録しているひと

ツイートする