日本映画は生きている (日本映画は生きている 第1巻)

制作 : 黒沢 清  吉見 俊哉  四方田 犬彦  李 鳳宇 
  • 岩波書店 (2010年7月30日発売)
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000283915

作品紹介

いま、日本映画はどのような問題をはらみ、どこへ行こうとしているのか。21世紀の、激変する映画状況のなかで問う、「日本映画の現在」。

日本映画は生きている (日本映画は生きている 第1巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本映画のひとつの指標。

  • 日本映画の新しい福音のために‥四方田犬彦
    日本映画の現在をめぐって‥李鳳宇
    メディアがあたえた映画の組成変化(0年代の東宝的なもの)‥阿部嘉昭
    フィルムアーキヴィストに関する七つの断章‥松本圭二
    肖像権問題はドキュメンタリーをどこに導くか‥森達也
    境界の映画、映画の境界(沖縄映画、日本映画)‥仲里効
    日本/映画/理論‥アーロン・ジェロー
    日本映画とハリウッド(照明)‥宮尾大輔)
    映画館における観客の作法‥板倉史明
    韓国人は日本映画をどのように受容してきたか‥朴ファン模

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
町山 智浩
四方田 犬彦
柄谷 行人
蓮實 重彦
四方田 犬彦
蓮實 重彦
國分 功一郎
蓮實 重彦
有効な右矢印 無効な右矢印

日本映画は生きている (日本映画は生きている 第1巻)はこんな本です

ツイートする