書の古代史 (岩波人文書セレクション)

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000284370

作品紹介・あらすじ

金石文や正倉院宝物など既知の書の名品から、木簡・墨書土器に残された無名の人々の手になる文字まで、これら肉筆の文字資料は時代の特徴としての書風をそなえ、時に書き手の息遣いを伝える墨継ぎの跡をも残す。「書」という視点からの史料分析を唱道してきた著者が、書の有り様を通して古代日本の文化と社会を照らし出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文字を生む事、使う事イコール進んだ社会では無い。必要が無いから文字が無かっただけ。抑揚、身振り、表情など情報ははるかに多かったかもしれない。
    活字では失われてしまう「書」から情報を読み取ろうとする本書。いろいろ考えさせられました。知識は追いつかないけど楽しく示唆に富む読書体験でした。

全1件中 1 - 1件を表示

東野治之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×