かけがえのない個から――人権と家族をめぐる法と制度 (ジェンダー社会科学の可能性 第1巻)

制作 : 辻村 みよ子 
  • 岩波書店 (2011年10月28日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000284714

作品紹介

なぜ人間の活動領域は公私に区分され、男女に異なる役割が振り分けられてきたのか。「個人の尊重」という人権理念のもとでもなお、こうした思考が私たちを縛り続けている。ジェンダーの視点からこの束縛を解き明かし、個人・家族・国家の関係を問い直す、法学、社会学、政治学、教育学の挑戦。

かけがえのない個から――人権と家族をめぐる法と制度 (ジェンダー社会科学の可能性 第1巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本当に久しぶりにこういう類の本を読み,こんなに面白かったっけというかものすごく頭を耕してもらった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かけがえのない個から――人権と家族をめぐる法と制度 (ジェンダー社会科学の可能性 第1巻)を本棚に登録しているひと

ツイートする