リスク学とは何か (新装増補 リスク学入門 第1巻)

  • 11人登録
  • 1レビュー
制作 : 橘木 俊詔  長谷部 恭男  今田 高俊  益永 茂樹 
  • 岩波書店 (2013年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000284769

作品紹介

リスク社会において、そもそもリスクはどう定義されるのか。また、個々のリスクを最小限にしつつ、互いに拮抗するリスクをどのように調整していくのか?経済学・法律学・社会学・科学技術など、各学問領域に通底する新しい学問として、リスクマネジメントの総合化・体系化を目指す。そのための問題の発見と整理を行なう、シリーズの総論。冒頭に編者全員の共同討論を置き、リスク学に関係する主要文献の解題を付す。

リスク学とは何か (新装増補 リスク学入門 第1巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:301||R
    資料ID:95130476

全1件中 1 - 1件を表示

リスク学とは何か (新装増補 リスク学入門 第1巻)のその他の作品

リスク学とは何か (新装増補 リスク学入門 第1巻)はこんな本です

リスク学とは何か (新装増補 リスク学入門 第1巻)を本棚に登録しているひと

ツイートする