低線量放射線被曝――チェルノブイリから福島へ (叢書 震災と社会)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000285308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原発事故による放射能汚染を考える上で、ひとつの参考になる本。
    健康被害を少なく見積もっている気がするが、数年後どうなっているかわからない。

    筆者が述べていたように、どこまで許容できるか、そして、自己判断できるかが重要だとも思った。

  • 第Ⅰ部 福島後を生きる。
    まず、著者の実測と、データ単位の丁寧な説明があります。その中でやりきれなさがにじみ出るようです。
     ・ 健康診断のレントゲンに比べると、放射性物質セシウム134、137は、ガンマ線のエネルギーがかなり強い。

       レントゲンは高くて100電子ボルトだが、セシウム134は795および605電子ボルト、セシウム137は662電子ボルト。

       ※1電子ボルト=1ボルトの電位差がある真空中を1個の電子が移動するときに、その電子が受け取るエネルギー
       ※1グレイ(Gy)=被曝により生物組織1キログラムが1ジュールのエネルギーを受け取ったときの被曝
       ※1シーベルト=アルファ線、ベータ線、ガンマ線による生物影響の大きさの差を考慮した重み付け
        1グレイの被曝=20シーベルト(アルファ線)、1シーベルト(ベータ線、ガンマ線)

    (途中、未読了)

    第Ⅱ部 資料---低線量放射線被曝の考え方
    第Ⅲ部 資料---広島・長崎原爆の放射線評価をめぐって

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

今中哲二:京都大学複合原子力科学研究所研究員。専門は原子力工学。研究者としては、原子力を進めるためではなく原子力利用にともなうデメリットを明らかにするための研究に従事。福島原発事故後は、放射能汚染の調査や周辺住民の被曝量評価などを行っている。

「2018年 『BIOCITY ビオシティ 75号 東日本大震災、復興の光と影 75号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

低線量放射線被曝――チェルノブイリから福島へ (叢書 震災と社会)のその他の作品

今中哲二の作品

ツイートする