平面論――1880年代西欧 (岩波人文書セレクション)

著者 :
  • 岩波書店
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000285599

作品紹介・あらすじ

イメージの「近代」は、1880年代に始まる。白紙に残された表象の痕跡、絵画の二次元、そしてスクリーンに投射される光の運動…さまざまな芸術ジャンルを横断しつつ、20世紀の思考の風景を決定した表象空間の特質とイメージの政治学を明るみに出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うむむむ。難しい。途中でついていけんくなった。再読必。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九五四年、東京都生まれ。詩人、小説家、批評家。八八年に詩集『冬の本』で高見順賞、九五年評論『エッフェル塔試論』で吉田秀和賞、二〇〇〇年小説『花腐し』で芥川賞、〇五年『半島』で読売文学賞、一五年『明治の表象空間』で毎日芸術賞、一七年『名誉と恍惚』で谷崎潤一郎賞を受賞するなど、縦横の活躍を続けている。

「2018年 『タミーを救え!(下) 川の光2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平面論――1880年代西欧 (岩波人文書セレクション)のその他の作品

松浦寿輝の作品

ツイートする