旅するニホンゴ――異言語との出会いが変えたもの (そうだったんだ!日本語)

  • 岩波書店 (2013年9月26日発売)
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000286275

作品紹介

日本語は日本の中だけで使われるものではなく、日本語とよばれることばにも、多様性がある。新天地を求めて移住した人々と、その子孫の日本語。日本統治の痕跡であり、現地の人々の共通言語として、コミュニケーションの大切な役割を担っている日本語。さまざまな言語と出会い、交わって姿を変えながら、苦難の時も幸福の時も人と人をつないできた。未知への探究心と、観察のための「しおり」を持って、世界の中のニホンゴを探す旅に出かけよう!

旅するニホンゴ――異言語との出会いが変えたもの (そうだったんだ!日本語)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アジェンダ、エビデンス、コンテクスト・・・今日のメディアには非常に多くのカタカナ語が溢れている。そして、そのことを外来語の氾濫として、苦々しく思っている人も少なくない。しかし、例えそれらのカタカナ語を全て廃しても、そこに純粋な日本語が残るわけではない。あまねく言語は、他の言語に常にさらされており、影響され続けている。そう、いってしまえば日本語が他の言語の接触を許すように、他の言語にもまた日本語の接触がある。それは、スシ、テンプラ、テッパンヤキというような固有名詞の膾炙としてだけでなく、普段使っている日常言語の中にもである。本書では、ハワイ、カナダ、ブラジルに移住した日本人たちの持ち込んだ日本語、また、日本統治時代、台湾、パラオで教育された日本語がどのように変化し、また、現地の言葉に受容されていったのかを追うフィールドワークである。その受容のされ方は、もともとの現地語のおかれた状況の他、話者の苦労、抑圧、差別などをありありと物語る。恥ずかしながら自分の知らなかった歴史がここにあった。

    "言語の体系はすべて平等である。未開な言語やくずれた言語というものはない。あるのは体系感の違いだけである。"

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(2階) 請求記号 810.4//So15

  • 請求記号:810.2/Shi
    資料ID:50072603
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  • 日経新聞 10/20/2013 書評

  • 紹介ページ:
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0286270/top.html
    立ち読みもできます:
    http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/7/0286270.html

    『日本語学』2014年1月号の「新刊・寸感」コーナーで書評されました。
    評者は朝日祥之さん。

全6件中 1 - 6件を表示

渋谷勝己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロビン・スローン
ジェイコブ ソー...
エラ・フランシス...
桜木 紫乃
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

旅するニホンゴ――異言語との出会いが変えたもの (そうだったんだ!日本語)はこんな本です

ツイートする